葉酸でお母さんと赤ちゃんの健康を守ろう!おすすめの葉酸サプリについて

普段あまり気にすることはありませんが、厚生労働省では、いろいろな栄養素の食事摂取基準というものを設けており、各月齢や年齢、そして男女においてそれぞれ値を公表しています。妊娠している女性には葉酸がおすすめという情報は、ここから発信されているのです。ただ表をよく見てみると、1歳から70歳以上の男女共に推奨量というものは記載されており、おおむね二十を超えた成人男女においては推奨される摂取量に大きな変化はありません。

つまり、どのような年代の人であっても、葉酸の摂取量が不足している場合は、補った方がいいということなのです。そして最も注目すべきは、「付加量」として妊婦や授乳婦は別に記載があるということです。この付加量こそが妊婦=葉酸といった情報の元と言っても過言ではないのです。

情報の独り歩きに注意

この厚生労働省が発表している、葉酸の食事摂取基準表ですが、例えば妊娠適齢期とも言われる20~35歳の女性であれば、推奨量は240マイクログラムとなっています。表には推定平均必要量といったものも記載されていて、こちらは200マイクログラムです。

まず注目しなければならないのは、この葉酸摂取量は食事から摂取する葉酸であるということです。葉酸に詳しくない人はわかりにくいかもしれませんが、葉酸には2種類があり、ポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型というものがあります。食事から摂取できる葉酸は、ポリグルタミン酸型の方です。

同じ葉酸なのだからあまり違いはないのでは、と感じる人も多いでしょうが、この2つは大きな違いがあります。それは体内への吸収率です。食事から摂取できるポリグルタミン酸型は、体内に入ると代謝などで多くが失われてしまい、実際に吸収されるのは半分程度と言われています。

一方で、合成葉酸とも言われるモノグルタミン酸型は吸収率が極めてよく、80%以上が体内に吸収されていきます。食事からとるべき葉酸の量が240マイクログラムだった場合、実際の食事で240マイクログラム摂取したとしても、吸収されるのは半分くらいだということです。納豆1パックは約60マイクログラムですから、4パック食べれば推奨量に到達すると思っても、実際にはそれ以上食べないと吸収率は追い付かないということです。

注意書きを読んでみよう

なんかやっぱり葉酸はわかりにくい、と感じてしまった人もいるかもしれません。そこで厚生労働省も補足説明というものを載せています。まず、妊婦の推奨付加量はプラス240マイクログラムです。標準的な一般女性に推奨される量が1日240マイクログラムですから、合計480マイクログラムの量を食事から摂取することが望ましいということです。妊娠中の女性は、なるべく食事から480マイクログラムの葉酸を摂取してくださいという意味となります。

そしてさらに別の記載があります。「妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉鎖障害のリスクの低減のために、付加的に1日400マイクログラムのプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる」と書いてあるのです。

先ほど述べたように、食事から摂れる葉酸はポリグルタミン酸型です。モノグルタミン酸型はサプリメントから摂取する必要があります。つまり、ここに書かれていることは、妊娠を計画している女性は、普段の食事から摂れるポリグルタミン酸型の葉酸を1日480マイクログラム、そしてプラスしてサプリメントからモノグルタミン酸型葉酸を400マイクログラム摂取した方がいい、ということなのです。

1日の上限を超えてはいけない

なんだかわかりにくい書き方をしていると感じてしまいますが、こう記載しなければならないのには理由があります。葉酸は1日の摂取量というのが決められているからです。過剰摂取をすると、身体に異変をきたす恐れがあります。過敏症を引き起こすと、発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害などの症状が出る可能性があります。また、葉酸には造血作用があるため、過剰摂取によってビタミンB12 欠乏症の発見を難しくする可能性も指摘されています。

過剰摂取を防ぐために、1日の耐容上限量というものが定められており、妊娠適齢期女性であれば1000マイクログラムとなっています。しかも、この上限量は「吸収率のいいモノグルタミンの量である」との記載もあります。サプリメントだけで葉酸を摂取するということは、過剰摂取にもつながりかねないため、注意が必要ということです。

食事から480マイクログラム、サプリメントで400マイクログラムを摂取したとしても、実際に体内に吸収される値は、880マイクログラムよりも少ない値となるため、厚生労働省もこういった記載をしているのでしょう。

葉酸は多くの食品に含まれているおり、好みによってはたくさん摂取している人も多いかもしれません。ただし、食品からの摂取は、吸収率のことを考えると多く摂取していても問題はないと考えられています。気を付けるべきはサプリメントの使用なのです。

葉酸の重要性は母子手帳にも記載されている

葉酸の重要性は、実は母子手帳にも書かれています。おなかの赤ちゃんのために葉酸が使われる時期は、妊娠のごく初期であるため、母子手帳を受け取っている人はいないと言ってもいいでしょう。母子手帳に記載してある内容は、葉酸不足による赤ちゃんに与えるリスクや、葉酸がたくさん含まれるとされる食べ物についてです。

サプリメントの併用といったことは書かれていませんから、こういった知識は自分で調べる必要があります。ただ、2人目、3人目といった次の赤ちゃんを考えているのであれば、葉酸の重要性についても記載は読んでおくとためになります。そして、葉酸は貧血を予防したり、出産後の母乳の出を良くすることにもつながります。葉酸について知識を重ねておくことは、決して無駄になるものではありません。

食事に関する項目で、ほとんどは栄養の取れたバランスの良い食事、といった記載となっているのに対し、葉酸だけは単独の栄養素として記載されていることから、おなかの赤ちゃんにとって葉酸がいかに大切な栄養素であるかということはわかるかと思います。葉酸は大切なんだ、という知識から、なぜ大切なのかということまで理解しておくことが望ましいとも言えるでしょう。

葉酸ってなぜ大切なの

根本的に、なぜ妊婦に対しての葉酸の重要性がここまでいわれているのでしょうか。おなかの赤ちゃんは、受精卵となってから多くの細胞分裂を繰り返します。特に妊娠初期の2~6週といった時期には、神経系といった体にとって重要な器官が多く作られることとなります。葉酸は細胞分裂に必要な物質であるため、おなかの赤ちゃんにとっては絶対に欠かせないものなのです。そして重要な細胞分裂を繰り返す妊娠初期においては、もっとも摂取しておきたい栄養素となっているのです。

葉酸が不足することによって起きるリスクは、神経管閉鎖障害がもっとも有名です。これは脳や脊髄のもととなっている神経管の形成が上手くいかなくなっておこる障害です。下半身にこの障害が出た場合は、二分脊椎と言って背中に脊髄が露出してしまっていたり、表面上にはわからなくても、成長期に運動機能障害がでてくることもあります。

また、上半身に神経管閉鎖障害が起きると、無脳症といった赤ちゃんとなることもあります。その名の通り脳が欠損していたり、小さく縮小しています。死産となることが多く、出産できても生存率は極めて低いものとなっています。そのような先天性のリスクを減らすためにも、妊娠前から葉酸の摂取が必要とされているのです。

日本人は葉酸が不足しやすい

葉酸の重要性は、日本だけではありません。というよりも、もともとは欧米のほうが葉酸の重要性は深刻にとらえていたのです。日本人の食生活は、もともと葉酸が多く含まれる野菜中心の食生活でした。とくに大豆には多くの葉酸が含まれており、大豆を積極的に食べ、その他にも緑黄色野菜を進んで摂取していた日本人には、葉酸不足ということはあまりなかったのです。

比べて、肉をたくさん食べる食生活の欧米では、もともと葉酸が不足しがちな文化でありました。二分脊椎や無脳症といった赤ちゃんの出生率も日本より高く、早くから研究が進められていたのです。しかし、日本の食生活もすっかり欧米化し、日常的に野菜不足が蔓延し、葉酸摂取量も減少しています。

そのため、日本人の赤ちゃんにおいても神経管閉鎖障害をもった出生が増え始め、本格的に取り組み始めたのです。早くから取り組みが始まっていた欧米では、穀物などに葉酸の添加義務が課されている国もあり、日常的に葉酸が摂取しやすい環境となっているのです。

日本ではまだ義務化といったことはされていないため、自らが積極的に気を付けて摂取する必要があるというわけです。また、遺伝子的に葉酸が吸収されにくい体質という人も5人に1人くらいはいるようで、こうした人は特に気を付ける必要があるのです。

では葉酸サプリを探そう

葉酸の重要性、そしてサプリメントから摂る葉酸も大切ということはわかってきたでしょう。そこでドラッグストアや健康食品のサイトを見ると、実に多くの葉酸配合サプリが販売されていることに気づきます。あまりに多すぎて、消費者の方が迷ってしまい、安易に低価格のものを選らんでしまおうと考える人も多い現状があります。

しかし、健康のために摂取するわけですし、まして妊娠中のおなかの赤ちゃんに重要ということで、よりサプリメント選びには慎重になる必要もあるでしょう。そこでまず気を付けてみたいのが「GMP」の表示がされているかどうかです。このGMPマークというのは、商品が安全に作られて、一定の品質が保たれるように設けられた製造規範のことを指しています。

具体的には、「人為的な誤りを最小限にする」「健康食品に対する汚染を防止する」「品質を保証するための要件を定める」といった目標が掲げられています。

こうしたサプリメント製造工場の品質管理の状況を、第三者機関がきちんとチェックしたうえで認証されているというアピールがGMPマークなのです。一度認定されれば大丈夫というわけではなく、定期的に見直しが行われており、消費者としてはサプリメントを選ぶときの安全基準としておくことができます。

GMPがついていれば安心というわけではない

ここでひとつ注意しておく店があります。サプリメントの品質を保証するGMPですが、この認定工場で作られているサプリメントは、粒のバラツキや大きさの違い、異物混入や衛生面においての心配はないと考えてもいいです。ところが、サプリメントを作っている原材料の安全性を保証するものではありません。

ここが難しいところなのです。葉酸サプリは、いろいろな成分から作られており、また様々な栄養素を一緒に摂取できるようになっているものが多くあります。これらの成分・原材料に関しては、自分自身で確認し選ぶことが大切となるのです。まず初めに見るべき点は、どのぐらいの量が配合されているかということでしょう。

先ほどの厚生労働省の指南によれば、食事から摂取する葉酸以外に、400マイクログラムを摂取推奨と書いてあるため、妊娠を計画している女性であれば、この量がきちんと摂れるサプリメントを選ぶことがまず大切です。

できれば1日複数回に分けて飲むことが出来るタイプの方が、身体に長くとどまることとなりおすすめです。葉酸は水溶性ビタミンであるため、長時間体内に留めておくことが出来ません。なるべく朝・昼・夜など分けて飲む方がいいのです。

モノグルタミン酸型を選ぶことが必須

葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型があります。もちろんサプリメントとして摂りいれるのであれば、吸収率のいいモノグルタミン酸型を選ぶことが大切です。食べ物から摂る葉酸は、ポリグルタミン酸型でありますが、体内で吸収される前にモノグルタミン酸型へと変換されます。

この変換時に吸収率が大幅に下がってしまうため、モノグルタミン酸型のサプリメントが推奨されているのです。モノグルタミン酸型の葉酸は合成葉酸とも言われていますが、この「合成」が誤解を与えてしまっているイメージがあります。合成というと化学的に合成されているものを想像してしまいますが、けっしてそればかりではありません。

天然成分を工場での生産過程でモノグルタミン酸型へ変換していても合成葉酸と呼ばれるのです。もちろん、石油系の化学物質から生成される合成葉酸もあります。石油といった食べ物ではないものを使用していることで、これまた誤解を与えていることも多いようです。石油というのは、化学的に作られたものではなく、地球上に存在する天然鉱物資源です。

この構成原子を精製して、栄養素として作り出しているのです。天然由来の葉酸サプリも、石油由来の葉酸サプリもどちらもモノグルタミン酸型合成葉酸サプリなのです。

実績も口コミもある「ベルタ葉酸」

ネットで検索してみると、必ずと言っても出てくるベルタ葉酸サプリは、総合的に見てもおすすめです。製造工場はGMP認定工場となっており安心基準の一つでありますが、ベルタ工場はさらに厳しいと言われる医薬品に対してのGMP認定を受けています。そして、原材料の安全性については、原料に使われている野菜の残留農薬は、製造前と製造後に検査を行っているということでこちらも安心できると言われています。

少し前に大幅リニューアルをしたところ、主原料の葉酸記載位置がぐんと前にあがり、葉酸から葉酸含有酵母となりました。この葉酸含有酵母はモノグルタミン酸型葉酸を酵母に取り込んだものであり、吸収率を上げるための加工となっているようです。問題性のある添加物も使用しておらず、安全性は高いといってもいいでしょう。

リニューアルを何度も重ね、その度に若干の成分調整はされています。その結果、鉄分が少し多めに配合となっていることは気になる点ですが、美容成分やアミノ酸、パッケージの安全性などを考慮すると、総合的にはおすすめの葉酸サプリです。形状が丸い錠剤で、直径は1cm以下となっており、飲みやすい形状です。ただし少し厚みがあるという意見もありますから、試してみてからの服用がおすすめです。

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」

葉酸サプリは、女性が飲むことが多いサプリメントの一つです。そのために、女性の目線と意見が取り入れられたこのサプリメントは、人気が高い商品の一つです。もちろんモノグルタミン酸型葉酸を使用しており、1日4粒を服用すれば400マイクログラムをきちんと摂取できます。GMP認定工場の指定を受けており、製品管理には信頼がおけるものです。そして他社と異なる特質すべき点は、放射線セシウムスクリーニング検査を行っているという点です。

製造した最終錠剤の放射性セシウムスクリーニング検査は、国際試験所である日本予防医学研究所分析センターで行ってもらっています。こうした安全性に気を遣う女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、口コミでも大きな反響を呼んでいます。

嬉しい点は、価格にも反映されています。ひと月分の通常価格は1800円ということで、毎日続けたいけれど家庭への負担は極力少なくしたいという若い女性にはぴったりの商品です。発想も迅速で、当日、もしくは翌日といった速さで手元に届くため、うっかり切らしてしまったときでも安心です。小粒の形状も飲みやすく、鉄分やカルシウムも一緒に摂れるために、妊婦には嬉しい成分配合です。

「パティ葉酸サプリ」

石油から作られた合成葉酸が安全とは言っても、どうしても気になる人もいるでしょう。そんなときは、パティ葉酸サプリがおすすめです。無添加であり、野菜由来の葉酸を使用しています。この使用されている野菜も、無農薬野菜を使っており、成分ひとつひとつにおいてきちんと品質試験と野菜菌検査を行っています。

もちろんGMP認定工場背の生産であるため、品質に問題はありません。放射線検査も行われており、より安全性は高いサプリメントのひとつです。少しにおいと味がキツイという口コミもあるため、妊娠初期のつわりがひどい場合は避けた方がいいかもしれません。このにおいに関しては、添加物を使用せずに錠剤を固める必要があったためある意味仕方がないことかもしれません。自然な成分のみで作られていることの安心と置き換えてもいいでしょう。妊娠前や中後期といった時期であればにおいなどの問題はないでしょう。

成分にあるドロマイドは、水銀などを含んでいる可能性があるという指摘もありますが、その点は検査の結果検出なしという評価が出ています。価格帯も、多くの葉酸サプリと同様となっているため、添加物はやはり気になるし、赤ちゃんのためにも無添加のものをということでしたらおすすめと言えます。

他とは違う「ビタミンとミネラルの美的ヌーボ」

他と異なる特徴を持っているのが、ビタミンとミネラルの美的ヌーボプレミアムです。その一番の特徴は、1日分5粒の形状がすべて異なるということです。形や色、大きさなどが異なっており、それぞれに含まれる成分が異なっているということです。全部を一緒に飲み込むというと、形状の違いは飲み込みづらさにもなりますが、一粒一粒にしっかりとそれぞれの栄養が詰まっていると考えれば、健康補助食品としての視覚的効果は期待できるでしょう。

また、持ち運びしやすいように5粒が1セットで個包装されている点も嬉しいです。通勤に持ち運ぶ際は、ボトルのままだと持ち運びしにくいですし、衛生面でも心配です。密封された個包装であれば必要な分だけ持っていけばいいので安心です。いろいろな栄養素がたっぷりと配合されていますが、1点ビタミンB6は少し気になるところです。

1日分100㎎というのは、実は耐容上限量を超えているのです。出来ればもう少し配合を減らした方が望ましいのですが、ビタミンB6は水溶性ビタミンであるため、大目に摂取した分は尿と一緒に排出されてしまいます。あまり心配することはないと言えるでしょう。粒の形状が気にならず個包装にメリットを感じる人にはおすすめです。

妊活開始から飲める「プレミン」

妊娠期間中ずっと飲み続けることが出来るサプリであれば、「プレミン」もおすすめです。においがなく、つわりの時期でも問題なく服用できます。大きさはベルタとあまり変わらないのですが、粒の角を丸くしているため、飲みやすい工夫がされています。口に含んだ時、唾液ですぐに溶け出すということがないため、味を気にする人には安心です。

プレミンの製造工程は、GMP認定工場よりさらに上である、NSF GMPという国際的な基準の認定工場で作られています。ここまで厳しい管理のなかで生産できる国内では数少ない認定工場で作っていますので、かなり信頼性は高いものです。葉酸だけでなく、鉄分もバランスよく含まれています。鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄がありますが、両方がバランスよく含まれているのは理想とも言えます。

そして、原材料の原産国というものがプレミンでは開示していることも、特筆すべきことです。国産は安心というだけでなく、海外の安全な原材料を使用しているからこそ、開示できるのです。成分の配合は、妊婦にとって理想的な値となっており、妊娠期間を通して摂取をおすすめしたいサプリメントとなっています。価格を抑えるために、美容成分は入っていませんが妊婦さんにはいいサプリメントと言えるでしょう。

番外編として、大豆プロテイン

葉酸が摂取できるサプリメントというと、錠剤やカプセルがほとんどです。ところが、妊娠前などに利用したいのであれば、他の方法もあります。それが大豆プロテインです。大豆プロテインの中には、葉酸が含まれてていることも多く、こうしたプロテインを選ぶことで、葉酸の摂取につながります。

プロテインは1日に何度も飲む人がいるため、1食分の含有量は多くありませんが、何回かに分けて飲む分には十分な量が確保できます。大豆プロテインは、女性にとって嬉しいイソフラボンの効果もあります。また、通常の食事で偏りがちな栄養素をカバーできるものであるため、健康な体作りにも効果的です。

忙しい朝の朝食代わりに飲んでいる人も多く、いつかは妊娠をしたいという女性にとって手軽に取り入れることが出来る栄養補助食品といえるでしょう。男性は、葉酸サプリメントの摂取を嫌がる人も多いのですが、葉酸の摂取は男性にもメリットがあることです。

一緒に妊活を進めるためにも、大豆プロテインを一緒に飲んでみるということもいいのではないでしょうか。多くのサプリメントは、妊娠期間の時期によっても摂取量が異なってきます。いろいろなものを飲み比べて、そのときに必要な量を摂取するようにしましょう。