葉酸の効果は不妊解消だけじゃない!女性に嬉しい効果が盛りだくさん

妊娠中の女性は積極的に摂取するよう、厚生労働省からも推奨される葉酸ですが、実は妊娠中に限らず、身体にとってもいい成分だという事がわかってきています。つまり、普段から積極的に摂取することで得られる効果というものがあるのです。

葉酸を妊娠中に積極的に摂取することは、おなかの赤ちゃんの細胞分裂や成長を助けることにつながります。そしておなかの赤ちゃんが二分脊椎証や無脳症といった深刻な先天性異常となるリスクを軽減することが出来るとも言われています。

こうしたおなかの赤ちゃんに対する効果が大きいとされるために、妊娠中に摂取することが推奨されている成分なのです。そして妊娠前に葉酸を摂取することで、子宮内膜を厚くして、妊娠しやすい体を作るとも言われています。

核酸の合成を助けるということ

おなかの赤ちゃんの正常な細胞分裂を助ける作用というのは、核酸と深い関わりを持っています。核酸というのは、私たちの身体にとって欠かせないもので、毎日生まれ変わる細胞の生成に必要となる物質です。遺伝情報が書かれているとされるDNAは核酸の一種であり、このDNAは親から子、細胞から細胞へと伝えられる遺伝情報を書く大切な役割があるのです。

おなかの赤ちゃんがさまざまな器官を作っていくときには、当然細胞分裂がおこります。この細胞分裂を正常に起こすために必要なのが核酸であり、葉酸というのはこの核酸の合成に関わる成分なのです。核酸の合成というのは成人でも行われています。特に成人において細胞分裂が活発な場所というと、口の中や腸壁である粘膜の部分となります。そのために、葉酸が不足するとこうした粘膜が正常に作られなくなってしまうこととなり、結果として口内炎や下痢などを引き起こすこととなります。

口内炎というと、ビタミンCが不足して起きると思われていますが、その他の成分が不足することで起こることも十分に考えられることなのです。口内炎や胃腸の調子に悩まされているという女性であれば、一度葉酸が含まれているサプリメントを試してみることもおすすめです。

葉酸とビタミンCの相乗効果

美肌効果を期待するということで、ビタミンCを積極的に取り入れている女性が多いことでしょう。ビタミンCは水溶性ビタミンで、その主な役割は抗酸化作用です。つまり体の中が錆びついてしまうことを防ぐ効果があるのです。ビタミンCは、酸化の原因となる活性酵素と結びついて、細胞を酸化から守っています。

その他にも、コラーゲンの合成や免疫力向上などが知られていて、特にコラーゲンの合成に関係していることから、美白効果の高い成分と言われているのです。ところが、あまり知られていないかもしれませんが、ビタミンCは葉酸の働きを助ける役割もあります。葉酸は、細胞分裂を促進する成分ですが、この働きを効率的に行うにはビタミンCの力が必要です。

ビタミンCによって葉酸が活性型に変換されることによって、より多くの役割を担うことが出来るのです。ビタミンCは、コラーゲンの合成といった直接美肌に関係する役割だけでなく、新しい肌を生み出すための細胞分裂に必要な葉酸の働きを良くするといった、間接的な美肌効果の働きもあるのです。口内炎の改善や美肌効果といった目的で葉酸を摂取する場合は、ビタミンCも一緒に摂ることがおすすめです。

女性に多く見られる貧血症状

女性は、毎月の生理との関係から、貧血症状を訴える人が多くいます。貧血というと、真っ先に思い浮かぶのは鉄分の不足です。確かに鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血は、貧血症状の8割を占めると言われています。なぜ貧血が起きるのかというと、血液成分である赤血球、その中に含まれるヘモグロビンの減少が原因です。

ヘモグロビンは酸素を体中に運ぶ役割があります。ヘモグロビンが不足すると、酸素の供給が減り、身体に不調をきたすのです。このヘモグロビンが出来るときには鉄分が必要であるため、鉄分が不足するとヘモグロビンも作られにくくなってしまうのです。

ところが、いくらヘモグロビンが正常に作られても、その受け皿となっている赤血球自体に異常があると、結局酸素を上手く供給できないという事になります。この赤血球を正常に作り出すには、葉酸も欠かせないのです。葉酸などが不足することで起こる貧血は、巨赤芽球性貧血と呼ばれており、身体のだるさやめまいといった症状を引き起こします。

60歳前後に起こることが多いと言われており、傾向としては女性が多いとも言われています。もし鉄分を十分に取っているのに貧血が改善されない場合は、巨赤芽球性貧血かもしれないため、葉酸やビタミン12を摂取してみるようにしましょう。

動脈硬化を予防する働き

日本国内では、厚生労働省が妊娠している女性に対して、葉酸の積極的摂取を推奨しています。これはおなかの赤ちゃんの神経管閉鎖障害予防による効果を期待してのものです。ところが、海外では同じ葉酸の摂取が世界中で推奨されているのですが、目的が少し異なるという点があります。

例えば、アメリカでは1日に摂取した方がいいと言われる葉酸の量は400マイクログラムとされています。日本での葉酸推奨量は240マイクログラム、かなりの開きがあることが分かります。実はこの量の開きというのは、葉酸の健康効果の期待が違うところのあるからです。

アメリカを初めてとして、海外が葉酸の効果を医学的根拠に基づいて推奨している目的は、動脈硬化予防への期待が極めて高いからなのです。実際に、厚生労働省が推奨する280マイクログラムといった量ではなく、アメリカの基準値に近い500マイクログラムといった量の葉酸を、日頃から摂取している日本人では、虚血性心疾患と心不全の割合が格段の減少しているというデータが報告されているのです。

一方で、妊娠中の女性への葉酸の効果はまだ十分に確認されておらず、葉酸を日頃から積極的に摂取して得られる効果というのは、他の健康目的の方が高いとも言えるのです。

長期的に効果がある摂取が望ましい

葉酸は、確かに妊娠中のおなかの赤ちゃんに与える影響が大きいということはわかっています。そのために摂取することはとても重要であるといえます。しかし、妊娠を望まない、出産を終えたという理由だけですぐさま葉酸の摂取をやめてしまうということは勿体無いということでもあります。

サプリメントなどを利用して、葉酸を摂取するのであれば、短期的な目的だけでなく、長期的に自分の身体にメリットがある摂取を続けた方が望ましいとも言えるのではないでしょうか。葉酸は、動脈硬化を予防する成分として海外では広く認識されています。しかしそのためには厚生労働省が推奨する葉酸摂取量では足りないのが現状です。

近年、動脈硬化の原因として考えられることに、ホモシステインという物質が注目されています。このホモシステインは、葉酸と深い関係があると言われています。そしてそれは、持って生まれた遺伝子型によっても異なることが分かってきたのです。

ホモシステインは酵素の働きによってメチオニンへと変化します。変化することで血中濃度が正常に保たれ、血管が健康であることが出来るのです。しかし、血液中の葉酸濃度によっては、ホモシステインがメチオニンに転換されにくくなってしまい、血液中のホモシステイン濃度が上がってしまうことがわかってきたのです。

遺伝子型によっても摂取量は異なる

この血液中における葉酸濃度というのは、持って生まれた遺伝子型によっても異なることが分かっています。同じ葉酸摂取量を保っていても、人によって血中葉酸濃度が異なってしまうのです。この原因が遺伝子型です。メチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素という酵素が重要なカギとなります。

このメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素には、遺伝子配列の違いによって3つの型があると言われています。父親から受け継ぐ遺伝子と、母親から引き継ぐ遺伝子両方によって区分することが出来、それぞれCC型・CT型・TT型と呼ばれています。このうち、CC型は最も血中葉酸濃度が高くなりやすい遺伝子型です。

注意すべきなのはTT型を持つ遺伝子の人で、CC型と比較すると葉酸血中濃度が低くなりやすく、脳梗塞のリスクはCC型の人と比べると3倍程度もあると言われているのです。ちなみにこのTT型の遺伝子を持つ日本人は、15%ほどいると言われており、このTT型の人は他の肩を持つ人よりも多くの葉酸を摂取するべきであるとされているのです。海外と同程度の多くの葉酸量を摂取することで、TT型であっても血中葉酸濃度を高くすることが可能で、それにより血中ホモシステイン濃度を下げることが出来るようになるのです。

女性に多い冷え性のリスク

動脈硬化というのは、男女問わず気を付けたい疾患ではあります。しかし女性特有の注意点ということもあります。昔から、女性というと冷え性といったイメージがついて回ります。これは決してイメージだけではなく、きちんとした根拠があることです。それは女性と男性では体のつくりに違いがあるからです。

女性には毎月生理があります。生理の時の経血により、一時的にどうしても体内の血液量が減少することとなります。血液量が減少すると、当然体中に運べる酸素の量も低下します。体に十分に酸素が行き渡らなくなると、食べ物の分解が上手く行われなくなり、エネルギー不足となってしまうのです。

結果として代謝が落ち、冷え性となってしまうのです。そして、女性特有の臓器である卵巣や子宮には、血液が溜まりやすくなっています。血液が卵巣や子宮に溜まってしまうと、エネルギーや熱もそこで滞ってしまい、身体の隅々が冷えてきてしまうのです。

また、女性の多くが経験するというダイエットも冷え性の原因となります。ダイエットは正しく行えば問題ありませんが、多くの女性は無理な食生活によってダイエットをしようとします。そのために、エネルギーが十分に作られず、冷え性に拍車がかかってしまうのです。

冷え性と動脈硬化の関係

では冷え性と動脈硬化には関係があるのでしょうか。動脈硬化というと、高コレステロール、つまりカロリーの高い食事が原因と思い浮かべる人も多いでしょう。しかしそれだけではないのです。医学的にも、動脈硬化の原因として考えられるのは、運動不足・食生活・冷え性がリスクを大きく高めると言われているのです。

動脈硬化は、血管が硬くなってしまう症状です。血管が硬くなるということは、ポンプの働きをしている血管の動きが悪くなることとなります。ポンプの働きが悪いと、血液を身体中に上手く送り出すことが出来なくなり、血管の壁に老廃物が付着しやすくなります。老廃物の付着により血管が細くなってしまうと、さらに血液の循環が悪くなり、どんどん症状が悪化してしまうのです。

症状が悪化してしまった血管は、詰まりを引き起こしたり、破裂をしてしまうこともあります。動脈硬化というのは命にかかわる重大な疾患なのです。そして冷え性はこの動脈硬化のリスクを高める原因でもあります。寒くなると血管は収縮しますが、冷え性の人は血管が収縮しており、血行不良を引き起こしやすいという特徴があります。健康な人よりも、動脈硬化のリスクが高くなってしまうのです。

冷え性の女性に特に多い血管の詰まり

動脈硬化は、男女問わずなる人が多い症状ですが、冷え性が原因で起こる動脈硬化は、血管の詰まりを引き起こしやすいと言われています。血管の詰まりが原因というと、脳梗塞や心筋梗塞を思い浮かべる人が多いでしょう。もちろん、命にかかわる重大な疾患であるために、注意が必要な症状です。

しかし、冷え性の人特有の、手足の冷えも、放置することで重大な症状を引き起こす可能性があるのです。血管の詰まりは、どこで起こるかはわかりません。しかし冷え性の女性は、手足といった末端につまりが起こりやすくなります。手足の先は特に血管が細く、小さな血栓であってもすぐに詰まりとなってしまいます。

詰まった先は血液を届けることが出来なくなり、最悪の場合指先が壊死してしまうという結果にもつながりかねないのです。壊死してしまうというのは少し大げさな言い方かもしれませんが、冷え性による手足のしびれは、血管が詰まりを起こしかけている可能性も否定できないでしょう。

体温を上げる努力をするとともに、動脈硬化のリスクを減らす対策を取る必要があるのです。そのためにも、女性は特に葉酸を多めに摂取しておくといいと言われているのです。

もっと身近な効果を葉酸に期待する人へ

動脈硬化や核酸の合成といった、若い女性にはあまり関係ないといった効果では、常日頃から葉酸を積極的に摂取しようとは思わないかもしれません。それでは、もっと身近な健康効果を期待した葉酸摂取についても考えてみましょう。

10代~50代の女性であれば、ほとんどの人が毎月生理を経験していることでしょう。生理は病気ではないといわれていますが、毎月の生理の症状に苦しむ人は多くいます。なかには起き上がることもままならず、学校や会社を休まなくてはならなくなる人もいるほどです。葉酸は、そんなつらい生理の症状を和らげてくれる効果があるとも言われています。

生理痛は人によって症状はさまざまですが、そもそもなぜ生理痛というものが起こってしまうのでしょうか。卵子が毎月1個ずつ成長し、卵巣から飛び出していきます。これが排卵です。排卵された卵子は、卵管のなかで精子と結びついて受精卵となります。

そのために、受精卵となったときのために、子宮内膜が厚くなり、受精卵を保護する準備を始めます。ところが精子と出会わなかった卵子は受精卵となることはありません。当然、受精卵を保護するための厚い子宮内膜は必要がなくなり、卵子と余分な子宮内膜は、経血と一緒に排出されます。これが毎月の生理です。

痛みが起こる仕組みとは

この卵子と余分な子宮内膜を排出する際に分泌されるのが、プロスタグランジンと呼ばれる物質です。ホルモンとよく似た働きがあり、子宮収縮を起こす作用があります。このプロスタグランジンの働きによって子宮の収縮が起こり、経血が排出されるのですが、そのときに下腹部や腰に痛みを生じさせてしまうのです。これが生理痛です。

また、痛みを散らしやすいという特徴もあるため、様々な箇所に痛みを感じることもあるのです。プロスタグランジンの働きを抑制してしまうと、経血の排出が上手くいかなくなってしまうため、生理痛の緩和とは、速やかにプロスタグランジンを子宮内から出し切ってしまうことが重要なのです。

このプロスタグランジンの排出に効果的な物質が、葉酸と言われています。葉酸は、血を作るビタミン「造血ビタミン」と呼ばれることもあります。新しい血を作り出すことは、古い血を経血として排出することにつながります。

葉酸を摂取することで、血の巡りが良くなり、生理による血行不良を防ぎ生理痛を和らげる効果があるとされているのです。もちろん血の巡りが良くなるということは、血行不良による冷え性の改善にもつながります。葉酸は、女性にとっては嬉しい効果がいくつもあるのです。

生理中の貧血予防にも効果大

もちろん、葉酸による造血ビタミン効果は、生理中に起こる貧血の改善も期待できます。経血量は人によって大小があります。経血量が多い人は、生理中は貧血となる女性も少なくありません。もちろん生理中の貧血対策に、鉄分を摂るようにしている人は多いでしょう。しかし造血ビタミンである葉酸の摂取も、貧血改善にはとても効果的と言われています。

逆に、貧血対策で鉄分だけ摂取していても、赤血球をたくさん作ることが出来ず、葉酸やビタミンB12を同時に摂取することが赤血球を作るためには必要不可欠なのです。赤血球を作るために大切な、鉄分・葉酸・ビタミンB12は、どれも体内では合成することができない物質です。ですから、積極的に外から補ってあげる必要があるのです。

これらの成分はもちろん食事からとることは可能です。ただし、必要な摂取量が確保できない時には、サプリメントなどを利用して効率よく摂りいれることが大切なのです。妊娠中の女性だけでなく、すべての女性が葉酸を摂取した方がいいと言われる理由は、こういった効果があるからなのです。そして女性に嬉しい葉酸の効果は、まだまだ他にもあることが分かってきています。

PMSといわれる症状を知っていますか

生理痛は女性であればだれでも耳にしたことがある言葉でしょう。しかし生理痛以外にも、生理にかかわる不快な症状に苦しむ人はたくさんいるのです。その一つがPMSです。PMSとは月経前症候群と言われるもので、生理前に起こる限定的症状のことを指しています。

このPMSはストレスとも密接な関係があると言われており、仕事や家庭でストレスを抱えることの多い20~40代に多く見られる症状で、なんと90%以上の女性がPMSの経験があるとも言われているのです。PMSの症状はとても多岐にわたり、200種類以上の報告があります。

しかも身体だけでなく、心にも不調を訴える人もいて、まわりに理解されにくい症状とも言えます。具体的には、イライラしたり、怒りっぽくなったり、落ち込みが激しくなったりする心理的な症状や、だるさ・眠気・胸が張る・肌荒れや、頭痛や腹痛といった体にあらわれる症状があります。

とくに症状が重いものは、PMDDといって日常生活に支障が出る人もおり、まわりにとても迷惑かけるだけでなく、生理が始まったとたんに症状が消えてしまうため、なかなか理解されづらいものとされているのです。こうした症状の緩和にも葉酸は効果があると期待されています。それはPMSの原因が隠れ貧血ではないかと言われているからです。

隠れ貧血と貧血の違い

貧血であれば、検査によってわかるはずですから、治療もしやすいと考える人も多いでしょう。しかし潜在性鉄欠乏症貧血と呼ばれる隠れ貧血は、通常の血液検査では見逃しやすいという特徴があります。それは、通常の血液検査ではヘモグロビンとヘマクリットといった数値しか検査しないからです。

隠れ貧血の検査は、もっと潜在的な内臓に蓄えられている鉄分の量を調べる必要があります。この値が低くなると、隠れ貧血となるのですが、これにより不妊が引き起こされることも指摘されています。造血ビタミンである葉酸が、不妊治療にも効果があると言われる所以は、こうした隠れ貧血の改善にもあるのです。

同時に、葉酸はPMSの原因にも数えられるホルモンバランスを正しく整える効果もあるとされています。これは、葉酸が血の巡りを良くすることに関係しています。ホルモンは血流にのって全身に運ばれていきます。

血の巡りを良くすることで、PMSの症状を緩和することができるとも言われているのです。加えて葉酸には、セロトニンという精神安定には欠かせない物質を合成する大切な働きもあります。葉酸自体も精神安定効果があるといわれており、心のPMS症状に効果があるのです。

葉酸は妊娠中だけでなく、すべての女性の味方

今まで、葉酸の効果をたくさん述べてきました。日本においては、厚生労働省の指針により、妊娠中の女性にばかり葉酸の効果が注目されがちです。しかし、葉酸を日頃から積極的に摂取する効果は、妊娠中に限ったことではないということが分かったはずです。

しかも、海外ではもっと多くの摂取量が推奨されているということもあります。葉酸は食事から摂取できる量には限りがあります。そして食べ物から摂れる葉酸は、体内での代謝により半分以下の量に減ってしまうこともあるとわかっています。

すべての栄養素を、サプリメントに頼り切ることは身体にとっていいことではありませんが、葉酸に鍵って言えば、サプリメントを摂りいれた方がより効果的に摂取することができるのです。しかも、葉酸サプリメントには、葉酸と一緒に摂った方がいいとされる多くの栄養素が含まれています。

妊娠=葉酸といったイメージが独り歩きしてしまった感は否めない日本ですが、こうした葉酸の力を正しく理解し、多くの女性が健康のために摂取できることが望ましいと言えるのです。葉酸の含まれているサプリメントは多く販売されています。他に含まれる栄養を比較して、自分にあったものを選んでみることがおすすめです。