葉酸サプリはいつまで摂取すればいい?効率よく吸収する方法

葉酸サプリはいつまで摂取すればいい?効率よく吸収する方法

妊活スタートや栄養管理がとても大事になってくる妊娠時期に最適なサプリメントとして、葉酸サプリがあげられます。

普段の食事だけでは不足しがちな栄養素を、サプリでいつまで摂取すればいいか葉酸を取る際の注意点や役割をまとめてみました。

不妊を克服するのに役立つのは葉酸サプリ

不妊を克服するのに役立つのは葉酸サプリ

葉酸サプリが妊活に役立つ理由

妊活スタートに最適なサプリメントとして、葉酸サプリがあげられます。

普段の食事だけでは不足しがちな栄養素をサプリを利用して補い、妊娠しやすい体をつくることは不妊を解決するのにとても大切です。

とくに妊娠する前に体の中に葉酸をとりいれておくことは、とても大切なことと考えられています。葉酸を摂取しておくことで、胎児の先天性異常の確率を下げることができます。

造血のビタミンともいわれるため、貧血を予防します。細胞の成長を促すのも助けるため、子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助ける、つまり妊娠しやすい体を作ることにもつながります。

男性にとっても葉酸は大切

葉酸は女性にとっても、パートナーである男性にとっても、大切な働きをする栄養素です。

葉酸を多く摂取した男性ほど、精子の染色体異常が少ないとする研究結果もあります。女性も男性も積極的に葉酸を摂取すると、妊娠しやすくなり、胎児奇形の発生リスクが下がります。

逆に、妊娠初期に葉酸が不足するとリスクが高まってしまいます。

日本での葉酸の必要性や認知度は海外に比べるとまだ低く、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されています。

子供をもつことを考え、不妊を克服しようと思ったら、食事も気を付けると同時に、葉酸サプリを飲んでおくと安心です。

葉子さん
葉酸って、男の人にもいいんだ!

妊婦に最適な葉酸サプリとは

妊婦に最適な葉酸サプリとは

葉酸サプリの取り入れ方

妊婦の時というのは妊娠していない時よりも栄養管理というのがとても大事になってきます。

ですが、妊娠初期の頃はつわりがあったり、妊娠を機に好きだった食べ物も苦手になってしまうようなことがあるので、無理をせずに栄養管理をしていくのが大事です。

もし、食べるのが無理になった食材や食べ物が多くなってしまったような時は、妊婦用の栄養補助食品、サプリなどをうまく取り入れていくといいでしょう。

また葉酸サプリは。妊婦時に摂取していくといいサプリとして知られていますが、過剰に摂取しないように心がけましょう。

一番いいのは野菜などの自然の食品から栄養を取ることですから、普段の食事からあまり葉酸が摂取できていないと感じるような時に利用していくといいでしょう。

葉酸サプリの飲む量

葉酸サプリも他のサプリメントと一緒で一日の飲む量の規定というのが決まっているので、それを守って摂取していくようにするといいでしょう。

そして、サプリはいろんな会社から販売されているので、自分が安心だと感じる会社の製品を選びましょう。

値段を他の会社の製品と比較してみるのも、商品に納得できるかどうかのコツになってきます。内容量、成分にも注目してみましょう。

葉子さん
葉子はお刺身が食べれなくなっちゃったけど、その分サプリを飲めば安心だね。

葉酸サプリって何ヶ月まで摂取するの

葉酸サプリって何ヶ月まで摂取するの

大事なのは妊娠3ヶ月までの期間

葉子さん
葉酸サプリがいいのはわかってきたけど、どのくらいの期間飲めばいいのかな?

最近では、母子手帳にも記載があり、関心が高くなってきている栄養の1つになっている葉酸。

手軽に葉酸をサプリメントで摂取している方も多いですが、葉子さんのように何ヶ月まで必要なのかわからない方も多いのではないでしょうか。

3か月までは、胎児の細胞分裂が盛んで、この時期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害などを招く恐れがあるので、3か月までは、しっかり葉酸サプリを摂取しましょう。

3ヶ月を過ぎてからの摂取

では、3か月過ぎたら必要ないのでしょうか。一切摂取しないというのはダメです。多少は、摂取をする意識を減らしてもいいという程度です。

厚生労働省からも、胎児のリスクを減らすために、3か月までの葉酸の摂取は、推奨されています。

妊娠中に心配なのが、サプリメントを服用しての副作用ですが、葉酸は自然の食材に含まれている栄養で、葉酸サプリを摂取しても、特に副作用の心配は、まずないと考えてよいでしょう。

ただし、必要だからといって1度に大量の摂取はせず、毎日こまめに摂取することが望ましい栄養です。

葉酸サプリはいつまで摂取すれば良いか

葉酸サプリはいつまで摂取すれば良いか

妊娠初期だけ飲めば大丈夫?

胎児の正常な細胞分裂を助ける働きのある葉酸は、妊娠初期に摂取しておきたい栄養素です。そんな葉酸を手軽に摂取するのに最適なのが、1日に必要な葉酸が配合された葉酸サプリです。

ただ、摂取を始めたら、いつまで摂取を続ければ良いのかと悩む人も少なくありません。

妊娠初期に必要な栄養素とされる為、妊娠中期に入れば、摂取の必要はないのではないかと考える人もいますが、お腹の中の赤ちゃんは、出産まで常に細胞分裂を続けている状態です。

その為、出産までしっかりと葉酸を摂取しておいて損はありません。

出産後の葉酸の摂り方

出産後、赤ちゃんを母乳で育てる場合、授乳期間が終わるまでは葉酸サプリを摂取しておく事がお勧めです。

この期間、赤ちゃんの体が細胞分裂をする為に必要な葉酸は、母親の母乳から摂取していく事になります。ですから、赤ちゃんの為に、授乳が完了するまで、摂取をしておく事がお勧めです。

ただ、1日400μgが必要とされるのは妊娠初期の事で、それ以外は、それよりも少なめの摂取でも問題はありません。

葉酸には、妊娠初期から出産、そして母乳まで、赤ちゃんとお母さんの体に必要な要素が詰まっているため、授乳期間までは摂取しておくとよいでしょう。

葉酸が欠乏しないために、葉酸サプリを摂取

葉酸が欠乏しないために、葉酸サプリを摂取

葉酸を積極的に摂取する時期がある?

妊娠中の女性にたくさんの葉酸が必要なのは、赤ちゃんが大きくなるのは、お腹の中で細胞分裂を繰り返していくからなのですが、この細胞分裂に葉酸が重要は働きをするのです。

親から子供へコピーされていく成分DNAが作られる時に葉酸は活躍するのですが、欠乏しているとDNAのミスコピーを発生させてしまう事になり、結果的に無脳症や神経管閉鎖障害の発症リスクを高めてしまいます。

そのため、葉酸を積極的に摂取する事が大切なのですが、この時期も間違えてはいけません。

期間を問わずに摂取するメリット

妊娠してから慌てて摂るようでは、すでに手遅れになっているというケースも少なくありません。

赤ちゃんにとってもっとも大切な器官形成が行われるのが妊娠3ヶ月頃までですから、妊娠する前から意識して摂取する必要があります。

ただ葉酸は緑の濃い野菜に多く含まれているものの、加熱すると大部分の栄養素が溶けてしまうため、食事だけで必要量を摂り続けるのは困難な事です。

そのためこの時期は葉酸サプリを活用する事が勧められています。葉酸サプリなら毎日確実に必要な量を摂る事ができ、悪阻などの辛い時期にも摂取しやすいメリットがあります。

もちろん3ヶ月までと言わず、妊娠中はずっと摂り続けても問題ありません。早産の防止や悪性貧血の予防にも効果があります。

葉子さん
葉酸ってどの時期に飲んでもメリットがあるんだね。

葉酸サプリで葉酸を効率よく吸収

葉酸サプリで葉酸を効率よく吸収

葉酸サプリを飲むタイミング

葉酸という栄養素は水溶性のビタミンであるため、水に溶けやすいという性質を持っています。そこで葉酸サプリを摂取する場合、空腹時つまり食間に摂取することがすすめられています。

お腹の中が空の状態の時が、最も吸収しやすい時だからです。もちろん、胃腸が弱い方など胃にかかる負担が心配な方は、負担を減らすため食後に摂取することができます。

また、錠剤であれば砕いたり粉末にしたりして負担を減らすことできます。

葉酸サプリを効率よく摂取する方法

さらに葉酸サプリを摂取するに際して、もう一つ注意したいのは摂取する方法です。

水溶性のビタミンである葉酸は、一度にたくさんの量を摂取した場合、かなりの部分が排出されてしまうという性質があります。

そのため、葉酸サプリを摂る際、一日分を一度に摂取するならば、かなりの量の葉酸が排出されてしまうのです。

体にしっかり吸収させたいと思うなら、何回かに分けて摂取するほうが効果的です。たとえば、午前に一度、午後に一度、さらには夜寝る前に一度、といった具合です。

特に就寝前には、肝臓の血流が低下するために、一層吸収されやすい状態になります。

加えて葉酸サプリを摂取する時には、コーヒーやお茶などではなく、必ずコップ一杯ほどの十分な量の水と一緒に飲むことが必要です。

葉酸サプリ摂取のタイミング
お腹の中が空の状態のタイミングで摂取しましょう。空腹時が最も栄養が吸収しやすい時です。さらに、就寝前も吸収されやすいので覚えておきましょう。

さまざまな葉酸サプリの役割

さまざまな葉酸サプリの役割

葉酸が認知症や動脈硬化の予防に

栄養が不足すると胎児にも影響を与えてしまいます。なかでも、葉酸が不足してしまうと胎児の発育に影響を与えるリスクが高くなります。

葉酸にはさまざまな役割があり、今では認知症予防に役立つ可能性があるのではないかと言われています。

ほかにも、葉酸が不足すると動脈硬化になるリスクが高くなります。その理由は、葉酸が不足するとホモシステインという物質が増えます。

このホモシステインが血管壁にぶつかり傷つけてしまうことで動脈硬化を誘発してしまうのです。葉酸をしっかり取ることでホモシステインを減少することができます。

そうすることで、血管年齢を若くし動脈硬化になるリスクも下がるのです。

葉酸サプリであらゆる病気のリスクを下げよう

葉酸を取るには葉酸サプリを活用すると効率よく取ることができます。サプリメントは野菜や果物から作られているので安心して栄養を取ることができます。

葉酸サプリと十分な水を飲むことで体の隅々まで流れていき、さまざまな葉酸の効果が期待できます。

熱に弱い葉酸は葉酸サプリで摂る

熱に弱い葉酸は葉酸サプリで摂る

なぜ食事ではなく葉酸サプリなのか

ほうれん草や青梗菜、ブロッコリー、アスパラガスなどの野菜や、牛レバー、豚レバーなどは、葉酸を多く含んでいる食品としてよく知られています。

しかし葉酸には、熱に弱いという特徴があるため、十分摂取したつもりでも、実はかなりの量が体から外に排出されてしまっているのです。

普通の食品から十分な量の葉酸を摂ろうと思うと、かなりの量の野菜を生のままで食べたり、茹でたものを茹で汁ごと一緒に食べたりしなければなりません。

しかしそうした食事を毎日続けることが難しいので、葉酸サプリを上手に利用する人が増えているのです。

葉酸サプリを選ぶポイント

食品からの摂取では不足してしまう分を葉酸サプリで手軽に補うことができる葉酸サプリ。

もちろん、市場には非常に多くの種類の葉酸サプリが販売されています。数多くのサプリの中から、自分に合った最も安全なものを選ぶことが必要です。

その上で是非とも考慮しておきたい点として、ミネラルやビタミンといった栄養素がバランスよく配合されているものを選ぶことに加えて、そのほかにも製造過程で熱処理をしていないものを選ぶのが最善です。

葉酸サプリを摂取する時の注意!

葉酸サプリを摂取する時の注意!

葉酸サプリの必要性

葉酸という言葉を聞いたことがある人は多くても、これが何かしっかりと分からない人も多いでしょう。

葉酸について少し説明してみます。葉酸は、体の中で新たな細胞をつくるために必要な栄養素で、とくに女性が妊娠する時に葉酸が必要となり、また、体内での葉酸消費量が高くなります。

しかも、葉酸が欠乏することにより胎児が神経障害を引き起こすことがあり、母体の方も貧血を起こすなど様々な障害が出ます。

葉酸が多く含まれる食物は、大豆、ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜と貝類、牛乳、牛レバ、卵黄などの動物性食物にも多く含まれるものです。

しかしながら、食物摂取から末端細胞に到達する際におよそ1%程度までに減少してしまうことから、吸収率の高い葉酸サプリを取ることが好ましいでしょう。

葉酸サプリの販売元に注意

ただ、葉酸サプリと言っても色々な販売者から売られており、化学合成成分を含んだものや添加物が用いられたものなど購入には注意も必要です。

以前にサプリメントのカプセルに使用されていた材料が有毒なものとして中国の密造工場で生産されていたことがあり、日本で長寿化したことが健康ブームを呼び、巨大なサプリメント市場を形成したことがこのようなことを招いたのでしょう。

葉子さん
葉酸のメリットと、どのくらいの期間、何に気を付ければよいかがよくわかったわ!