妊活や妊娠時、葉酸が必要な時期とは?

妊活や妊娠時、葉酸が必要な時期とは?

葉酸は妊娠初期の女性だけでなく、妊娠を希望する女性にも必要な成分です。

赤ちゃんとお母さんに欠かせない成分として注目されていますが、なぜそれほど葉酸が必要なのか。葉酸を飲む時期と必要性についてまとめてみました。

目次

妊娠希望の人は葉酸を摂りましょう

妊娠希望の人は葉酸を摂りましょう

まずは基本的な体調管理をしよう

結婚して数年すればそろそろ子どもを授かりたいと考える人も多いと思います。

子どもは授かりものですから気長に待つのが良いですが、妊娠しやすいように体調を整えておくことが大切です。

体調を整えるとは、ホルモンが正常に分泌されるように早寝早起きや適度な運動をしたり、3食バランスのよい食事を摂るなど基本的なことです。

それに加えて葉酸を意識して摂取することが望ましいです。

細胞分裂とDNAの合成に深く関わる葉酸

葉酸を飲めば妊娠しやすくなるというわけではありませんが、細胞分裂とDNAの合成に深く関わっています。

胎児の先天性の奇形を予防したり、神経管欠損症を予防するなどの効果があります。特に妊娠する1ヶ月前から3ヶ月ほどの妊娠初期頃まで摂取することで胎児の正常な発育に効果があります。

理想の量としては1日400μgとされていますが、この量を食品から摂取するのは難しいので、上手にサプリメントを利用することがおすすめです。

どうしても食品から摂りたいという人は、ホウレンソウやブロッコリー、キャベツや豆類などに特に多く含まれていますので意識的に食べるようにしましょう。

水溶性のビタミンですから、摂取しすぎても悪影響に関してはそれほど神経質になる必要はないでしょう。

「μg」ってなに? 重量の単位。「マイクロ」は、「100万分の1」を意味します。1mgが1000μg(マイクログラム)なので、400μgは0.4mgですね。

妊娠を希望する方は葉酸の吸収が不可欠

妊娠を希望する方は葉酸の吸収が不可欠

葉酸不足は母子ともに深刻な影響の可能性

葉酸は妊娠初期の女性だけでなく、妊娠を希望する女性にも必要な成分です。

赤ちゃんとお母さんに欠かせない成分として注目されていますが、なぜそれ程葉酸が必要なのか知っておくことが大切です。

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。体内でタンパク質や核酸が合成される際に細胞の生成をサポートする働きがあります。

妊婦さんのお腹の中で赤ちゃんを育てる時は新たな細胞が作り出されますから、どうしても必要になるのです。

もし体内で葉酸が不足していると赤ちゃんに深刻な影響を及ぼす危険性が高くなります。

細胞分裂が盛んな時期に必要な成分が不足していますから神経管閉鎖障害を起こす可能性が出てくるのです。

妊娠する前からできること

妊娠していることがハッキリと分かるのは、既に妊娠二カ月に入ってからでしょう。

この間に赤ちゃんは小さくても育っているので、妊娠する前から気を付けておかなくてはなりません。

葉酸はホウレンソウ等の野菜から摂取できますが、体に吸収させるためには毎日正しい食生活を送る必要があります。

肉料理に偏りがちな方は積極的に野菜を食べるようにして、吸収率を高めましょう。食生活に自信がない方はサプリメントを利用すると便利です。

サプリメントなら必要な分だけ調整しながら摂取できます。

先輩ママの友子さん
赤ちゃんが欲しい!と思ったらすぐに始められるのが、葉酸サプリなんだよね。

妊娠を希望、葉酸を摂りたい時期について

妊娠を希望、葉酸を摂りたい時期について

神経管閉鎖障害発症のリスク

妊娠を意識し始めた女性は妊娠につながりやすいように健康的な生活を、と今までの生活を見直す事も少なくありません。

食事などで気をつけなければならない事は、と考えた時に普段より多く目や耳にする機会が多くなる栄養素は、葉酸と考えられます。

なぜこれが注目されるかというと摂取することによって胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを低減させることができる、と考えられているからです。

受胎後約28日で閉鎖する神経管の形成異常で、無脳症、二分脊椎、髄膜瘤などの異常を呈します。

葉酸の摂取で防げるリスク

しかし受胎前後の葉酸摂取がリスク低減に有効だという事がたくさんの研究から明らかになっており、胎児の神経管の形成期に母体が充分な葉酸を摂取することが望ましいとされています。

摂った方が良いと言われている時期は妊娠の一か月以上前から妊娠3か月までです。

母体が受胎前から十分な葉酸摂取をしていることがリスクの低減につながるため、妊娠を希望している、または妊娠の可能性がある女性は付加的な葉酸の摂取が望ましいと考えられています。

食品として多く含まれているものはブロッコリーやホウレンソウなどです。

サプリメントで、というケースも考えられますが、食品、サプリメントと両方とも沢山摂れば良い、というものではなく摂取量に注意したいものと考えられています。

自己判断せずに医師や管理栄養士に相談しましょう。

葉子さん
つわりがはじまったりしたら、ちゃんと料理とかできなそう・・・というかしたくない(笑)。その分サプリで補えるのはいいなぁ。

葉酸で妊娠しやすい体つくり

葉酸で妊娠しやすい体つくり

妊娠しやすい体になるための基本

妊活という言葉もだいぶ世の中に浸透してきました。自分なりの体つくりをしている方も多いと思います。

妊娠しやすい体つくりの代表的なものとしては、煙草をやめることやアルコールを控えることが挙げられますね。

また、健康的で栄養バランスのとれた食事を取ることや、適正体重になること、ストレス、運動不足の解消などがあります。

これらはどれもお母さん、子供の双方に大切なことですがもっと手軽に効率よく妊娠しやすい体にするものがサプリメントです。

葉酸の摂取はサプリメントが効率的

例えば、葉酸を摂取することで胎児の先天性異常のリスクを避けることができます。

また、葉酸は体の冷えを改善させる効果もあり、血流を良くすることによって受精卵の着床を手助けしたり、流産を防止する役割も持っています。

そのため厚生労働省は葉酸の摂取を推奨していますが、食事では吸収率が半分ほどに減ってしまうため、大切とはいえ積極的に摂取することが難しい状況の方もいます。

そんな時にすすめたいのがサプリメントです。手軽に一日の目安量を摂取することができ、食事よりも高い吸収率を持っています。

妊活は焦らずじっくり体を作ることが大切です。普段の食事プラスアルファというふうにサプリを効率良く摂取すると良いでしょう。

妊娠初期にこそ大切な葉酸

妊娠初期にこそ大切な葉酸

妊娠初期の葉酸の役割

葉酸は赤ちゃんの細胞分裂が非常に活発な妊娠初期にこそ、とても大切な栄養素とされています。DNA構成要素の核酸やたんぱく質の合成を促進する役割を持っています。

必要量を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低くすることが出来ます。

妊娠を望む場合は、妊娠予定の一ヶ月以上前から摂取しておきましょう。最近では、ダイエットで葉酸不足になる女性もいます。

妊娠中の女性は、必要な量がふだんの2倍近くになるので、積極的に食べ物から摂取した方がいいとされています。

葉酸を食材からとる時に気を付けたいポイント

妊娠中の女性の1日の摂取推奨量は440μgです。

葉酸を多く含む食材は、枝豆、アスパラ、ブロッコリー、オクラ、ホウレンソウ、イチゴ、納豆、のり、レバー類などです。ここで注意したいのが、レバー類にはビタミンAも多く含まれるということです。

ビタミンAは過剰に摂取すると体内に蓄積されて、赤ちゃんやお母さんの体に悪い影響を与えるリスクがありますので気をつけましょう。

他にも気をつけたいのが、葉酸は熱や水に流れてしまうということです。野菜等をゆでる場合はスープにするなど、ゆでた汁も飲むようにするといいでしょう。

水で洗う場合は短い時間で済ませるようにしましょう。直射日光にも弱いので、当てないように気をつけましょう。つわり等で食べ物がとれない場合もあります。

そんな時はサプリなどをうまく取り入れて、無理なく摂取できるようにしてください。

葉酸を摂取する際に気を付ける事
  • 葉酸は熱や水に弱いので、ゆでる場合はスープにするなど、ゆでた汁も飲むようにしましょう。
  • 水で洗う場合は短い時間で済ませるようにしましょう。
  • 直射日光に弱いので、当てないように気をつけましょう。

妊娠初期と葉酸サプリについて

妊娠初期と葉酸サプリについて

葉酸の重要性と飲み始めのタイミング

着床した卵子が胎児へと成長していく期間というのは、とても多くの細胞分裂が行われており、この期間に正常な細胞が作られるかどうかで、赤ちゃんに先天性異常が現れるかどうかが決まる事も少なくありません。

ただ、必要な量の葉酸を食品だけで摂取する事は難しい事も多く、しっかりと摂取をする為には、1日に必要な葉酸が配合された葉酸サプリが有効です。

ですが、気をつけておきたいのが、摂取を始めるタイミングです。

妊娠初期に必要な栄養素とされる為、妊娠をしてから飲めば良いと考える人も少なくありませんが、妊娠というのは、すぐに気づかない事も多く、妊娠をしてから摂取をしようと考えると、摂取のタイミングを逃してしまう可能性も出てきます。

妊娠前から葉酸サプリを飲もう

ですから、妊娠をしたいと考えているのであれば、妊娠前から葉酸サプリを飲んでおく事がお勧めです。

妊娠前から飲む事により、妊娠に適した体作りをする事が出来るだけでなく、着床からすぐに、必要な葉酸をしっかりと胎児に届ける事が出来るようになります。

葉酸サプリは妊娠前から摂取しましょう

葉酸サプリは妊娠前から摂取しましょう

妊娠を希望するなら飲んでおく

葉酸サプリは妊娠初期の方に摂取が勧められています。それは細胞分裂が盛んに行われいてる妊娠3ヶ月までに積極的に摂取をする事で胎児の先天性異常のリスクが下がると言われているからです。

最近では母子手帳にも記載されています。しかし、実際に葉酸サプリを飲むなら妊娠前から飲んでおいた方が良いです。

病院で妊娠が確定するのは心拍が確認されてからですので妊娠6~8週目に当たります。

葉酸サプリを妊娠が確定してから飲み始めても良いですが、すでに2ヶ月近くになってしまいますので妊娠初期には飲んでいない事になります。

その為、妊娠を希望している場合はいつ妊娠しても良い様に妊娠前から飲んでおくと安心です。

葉酸は元々体に必要な栄養素ですので、妊娠していない時に飲んでも問題はないですし、万が一摂取しすぎてしまっても体の中に溜まっていくことはありませんので心配は不要です。

1日分を数回に分けて摂取するのが良い

葉酸サプリには妊婦用に無添加で自然の食材を原料に作られいる物がありますので、そういった商品を選んで飲むと良いでしょう。

1日分を1回で飲んでしまわずに、出来れば1日のなかで数回に分けて飲んでおくと体の中に絶えず栄養分がある状態になるのでお勧めです。

毎食後に飲むなど習慣付けると良いです。

先輩ママの友子さん
サプリを飲む時間を教えてくれる便利なスマホアプリを使ってみるのもおすすめよ。

赤ちゃんを守るための葉酸サプリ摂取

赤ちゃんを守るための葉酸サプリ摂取

葉酸が赤ちゃんの発育に影響するのはなぜ?

葉酸とはビタミンB群の一種で、アミノ酸や核酸の合成に働きかけ、細胞の産生や再生を助け身体の発育を促します。

日本の通常の生活では摂取量は足りていますが、妊娠すると必要量が2倍以上になるため不足しがちになります。

葉酸は、細胞分裂に欠かす事ができないため、赤ちゃんの成長に大きく影響します。

葉酸の欠乏症状は細胞分裂が盛んな所に発症しやすいため、妊娠初期の細胞分裂が盛んな時期に不足してしまうと、神経管閉鎖障害などの先天性の疾患を招くリスクがあり、重症になると流産や死産の確率も高くなります。また、授乳期に不足すると、赤ちゃんの発育が悪くなります。

手軽な葉酸サプリは妊婦さんの味方

赤ちゃんが元気に産まれるためには、葉酸を多く含む食品を摂取するのが良いのですが、ちょうどつわりが酷い時期でもありますので、必要量を摂るのは大変です。

積極的に葉酸サプリの利用をお勧めします。厚生労働省が推奨している摂取量は1日0.4mgですので、妊娠初期は充分な量が摂れる葉酸サプリを探す必要があります。

また、赤ちゃんのために、安全性が高い物を選びたいので、天然素材で作られ添加物が入っていないものや放射能チェックがしっかりされている葉酸サプリを選んで下さい。

水溶性ビタミンなので、過剰に摂り過ぎても排出されると言われていますが、安全に使用するためには、摂り過ぎにも注意が必要です。

お母さんが赤ちゃんの為に葉酸摂取

お母さんが赤ちゃんの為に葉酸摂取

葉酸を摂取する難しさ

妊娠して、お母さんになられたばかりの方なら、生まれてくる赤ちゃんのために、何かしてあげたいと思うものです。

可愛いベビー服を揃えたり、お部屋を模様替えしたりと、元気に赤ちゃんが生まれてくる日を待ち望む、とても楽しい時期でもあります。

お母さんが、お腹の中の赤ちゃんのために、摂取すると良い栄養素があります。それは、葉酸と呼ばれる栄養素で、葉物野菜などに多く含まれる物です。

この栄養素は、人間の脳の働きに大きく影響する物で、特に、母体の中にいる赤ちゃんの脳の成長には必要な物です。

毎日、葉物野菜を食べて葉酸を摂取しても良いのですが、それはなかなか難しいですし、妊娠中に無理をして疲れてしまっては逆効果です。

このような摂取したいけれども、毎日の食生活では、難しい栄養素を簡単にとる方法として、サプリメントと言う方法があります。

必要な量だけを摂取できるサプリメント

サプリメントなら、毎日簡単に摂取する事ができますし、食事のように不要な物まで摂取する事がないので、食事の管理を気をつけたい妊娠中にはピッタリです。

このように、葉酸を毎日摂取する事は、お腹の赤ちゃんのためになるのです。もちろん、葉酸は大人の脳にも良いので、お父さんも一緒に摂取すると良いです。

お母さんと赤ちゃんのための葉酸サプリ

お母さんと赤ちゃんのための葉酸サプリ

葉酸はあらゆる病気の発症リスクを防ぐ

妊娠初期や妊娠中のお母さん達にとって葉酸サプリを飲むことはもはや常識となりつつあります。

葉酸は細胞分裂に関わる栄養素で、お腹の中の赤ちゃんの健康のためには必須の栄養素となっています。

ガン予防や免疫力アップ、細胞分裂時におけるトラブルの回避につながるので、もし飲んでいないなら飲むことをおすすめします。

妊活にも葉酸サプリ

また、妊娠中のお母さんだけでなく、妊娠希望している方、妊活中の方にも葉酸サプリは大切なものです。

女性の多くが悩まされる冷え性、身体中の血液の流れがとどこおり、生理不順を起こしている女性もいます。

代表される冷え性は手足が冷たくなるものですが、これが内臓の冷えにまで広がると、月経の異常につながるからです。

例えば、妊活中の女性にとって生理周期を把握していることはとても大切なことですよね。

もちろん、子どもを授かり妊婦となったお母さんにも内臓の冷えはお腹の赤ちゃんにとって良くない状況になります。

それを解消してくれるのが葉酸サプリです。また、妊活中ならば男性にもサプリメントをすすめてみてください。

一人では抱えてしまいがちな妊娠の悩みですが、一緒に続けることで心強く感じることでしょう。

また、トラブルのある精子を減少させる効果も持っています。

妊娠時に選びたい葉酸サプリのポイント

妊娠時に選びたい葉酸サプリのポイント

合わないサプリはストレスの元

葉酸サプリの摂取は妊娠中の女性におすすめしたいサプリメントですが、葉酸が配合されていれば、どんな商品でもいいというわけではありません。

特に妊娠中は、普段とは体の体質が異なることから、ちょっとしたことにが気になってしまうことがあります。

たとえば、いつもは全くといっていいほど気にならなかった味を感じたり、匂いをかいだだけで気持ち悪くなることも十分に考えられます。

そのため、摂取したくてもできないということがあります。

また、赤ちゃんのためにもしっかりと摂らなければという思いがストレスになって、負担になることもありますので、選び際には注意したいところです。

サプリメントの品質を確認

選ぶ上でのポイントとしては、サプリメントの品質が大切になります。一概には言えませんが、あまり安いものは選ばないようにしましょう。

また、ネットを利用するのもおすすめです。口コミや評判などを参考にすると、妊娠中に実際に服用していた方の評価を見ることができるので、失敗しにくくなります。

特に、匂いや味といったものは、妊娠してからでないと分からない部分もありますので、なるべくストレスなく服用していくためにも、こうした情報を集めてから選ぶようにするとよいでしょう。

妊娠中期には葉酸サプリをとりましょう

妊娠中期には葉酸サプリをとりましょう

食品から葉酸を摂るのは大変

妊娠すると赤ちゃんのためにたくさんの栄養をとる必要があります。

特に葉酸を多く含む食品は必要です。葉酸を多く含む食品としては、ホウレンソウ、ブロッコリー、枝豆、アスパラガス、小松菜、ひじき、のり、レバー、などが代表的です。

妊娠中は普通の成人の約2倍の葉酸をとり入れる必要がありますが、普通の2倍近い葉酸を食事だけではとるのはとても大変です。

それでおすすめなのは葉酸サプリです。

妊娠中期の葉酸の必要性

妊娠前から葉酸サプリメントはとり入れると良いですが、妊娠前や初期はおもに赤ちゃんのために必要で、妊娠中期や後期はお母さんのために必要です。

なぜなら妊娠中は、血液を通じて胎児に栄養や酸を送りこむために貧血になりやすく実際妊婦の約3割から4割が貧血症状を訴えています。

それで、葉酸サプリをとり入れることにより貧血症状を緩和することが出来ます。是非積極的に葉酸サプリをとり入れましょう。

葉酸サプリはインターネットやドラッグストアーで購入することが出来ます。

摂取する時には必ずかかりつけの産婦人科に聞いてから飲むようにしましょう。また、産婦人科でも販売している場合がありますので、市販のものが心配な方は産婦人科で購入しましょう。

健康な赤ちゃんに必要な葉酸

健康な赤ちゃんに必要な葉酸

葉酸の不足がもたらす赤ちゃんへの危険

妊婦が十分な量の葉酸を摂取していないと、赤ちゃんの正常な成長に重大な影響を与えることがあります。

この大切な栄養素が不足すると、胎児が中枢神経系の病気にかかる危険は大きくなりま、無脳症や二分脊椎といった重大な障害を引き起こすことがあります。

これらの障害は、一般に妊娠してから四週間までの間に起こると言われています。そのため妊娠が分かったらすぐに、葉酸を積極的に摂取するよう心がけることがすすめられています。

出産後も葉酸の摂取が大切な理由

もちろん、赤ちゃんを出産してしまったらもう葉酸を摂らなくてもよいというわけではありません。

出産後の母親にとって、赤ちゃんに母乳を与えるというのは非常に大切な仕事です。

葉酸は、健康的な良い母乳を作る上でも非常に重要な栄養素となるため、出産後も意識的な摂取に努めることが大切です。

葉酸が豊富に含まれている食品には、ほうれん草などの緑黄色野菜やレバー、さらには豆類があります。

これらの食材を調理する過程では栄養素が流れ出してしまったり、体への吸収率が低くなってしまったりすることがあります。

そのため、一般の食品からの摂取に加えてサプリメントを上手に利用して、必要な栄養素を補うことができます。

葉酸と赤ちゃんの産み分け

葉酸と赤ちゃんの産み分け

産み分けって本当にできるの?

『子は宝』と言われるように、尊い命の誕生は神秘的で感動的なドラマがあります。

妊娠が判明してからは不安と希望が入り混じっている中で気になるのが赤ちゃんの性別。夫婦によっては男の子を希望してたり、女の子を希望していたりとまちまちです。

中には産み分けを実践して成功したかもいるとのことです。

男性側の生活習慣が産み分けのカギ

産み分けの方法としては、主に男性側の行動や生活が重要になってきます。

男性の精子によって赤ちゃんの性別が決まるため、まず精子の特徴を理解し、それに伴い性交渉の時期や方法を忠実に守れば、産み分け成功の確率は上がります。

赤ちゃんの性別は男性側にかかっています。女性側には赤ちゃんの発育がかかっています。そのために、子供を望む夫婦には、正常な発育を助ける葉酸がとても重要です。

健康な赤ちゃんが誕生するまでには、女性だけではなく男性の意識も必要になってきます。例え産み分けに成功しなくても、誕生したわが子はとてもかわいいですよ。

葉子さん
葉酸で防げるリスクと、葉酸のメリットがこんなにあるなんて知らなかった~!