安い葉酸って安全なの?葉酸サプリに含まれる成分とその役割

安い葉酸って安全なの?葉酸サプリに含まれる成分とその役割

テレビや雑誌で特集が組まれ、話題になっている葉酸サプリ。

安心して毎日服用できるものが現在、ネット通販やドラッグストアなどでも手軽に購入することができる中、葉酸にはどんな栄養素があるのかその成分と役割についてまとめてみました。

目次

女性のための葉酸サプリとは

女性のための葉酸サプリとは

食品から摂るのが難しい葉酸

テレビや雑誌で特集が組まれ、話題になった葉酸サプリは、妊活中の方や妊娠中の方にうってつけのサプリメントです。

言わば、女性のためのサプリメントとなっており、体へのやさしさにこだわり作られています。

葉酸は、厚生労働省が健康食品から摂取することを推奨している栄養素で、ビタミンの仲間となっており、野菜の中ではほうれん草に多く含まれています。

女性に進んで摂取して欲しい栄養素の一つですが、特に妊娠前から妊娠中の女性は意識して体に取り入れることを心がけましょう。

食品の中から摂取しようと思っても、長期保存や調理による熱に弱い成分でもあるので、なかなか十分な量を一度に補うことができません。

手軽で効果的なのは葉酸サプリ

葉酸サプリであれば、ストレスなく手軽に毎日、十分な量を摂取することができ、妊娠を望む方や妊娠中の方のみならず、お腹の中の赤ちゃんにまで必要な栄養を届けリスクから守ることができます。

海外では女性が積極的に葉酸を摂取しており、日本でもメジャーになってきました。

安心して毎日、服用できるものが現在、ネット通販やドラッグストアなどでも手軽に購入することができる点もストレスが無く嬉しい点です。

葉酸の成分とその役割

葉酸の成分とその役割

葉酸の成分

葉酸とは、ビタミンBの一種であり、ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれ、活性型のビタミン12の働きを助ける働きを持っている成分です。

傷ついた末梢神経を修復するためには、それを構成するたんぱく質を必要とします。このたんぱく質を作る際に必要とされるものが葉酸です。

活性化ビタミン12が末梢神経の傷を修復する時に使われます。この葉酸は、ホウレンソウの葉から発見され、緑黄色野菜や、動物の肝臓などに多く含みます。

植物性食品の中では、あさつき、アスパラガス、枝豆などに多く含まれており、動物性の場合は、牛や、鳥、ブタなどのレバーに多く含まれています。

また、酸化により壊れてしまう性質があり、長期保存をしたものより、新鮮な野菜から摂取するのが良いです。葉酸は1日の必要量は50~100μgです。

葉酸が欠乏する危険性

欠乏症は、妊娠や、授乳などの時の要求量が増加した時などに起きやすいです。小腸の病理的変化、アルコール中毒、メトトレキサートなどの薬剤投与によっても欠乏は起こされます。

細胞を修復する際に多く使用されるため、細胞分裂の盛んな箇所で欠乏しやすくなります。欠乏による症状は、貧血、免疫機能減衰、消化管機能の異常などが挙げられます。

また、心臓病や、大腸がん、子宮頚ガンなどのリスクにも繋がるという報告もあり、妊娠期に葉酸が欠乏することで、「神経管閉鎖障害」などが起き、無脳児の発生リスクや、重度の場合は死に至ると言われています。

「μg」ってなに? 重量の単位。「マイクロ」は、「100万分の1」を意味します。1mgが1000μg(マイクログラム)なので、100μgは0.1mgですね。

葉酸サプリに含まれる成分

葉酸サプリに含まれる成分

葉酸サプリの成分量

葉酸サプリに含まれている成分は、各メーカーから発売されている葉酸サプリの場合、厚生労働省の推薦している1日400マイクログラムが1粒に配合されているようになっているものが大半です。

この葉酸にも、2種類あって合成葉酸と自然葉酸があります。合成葉酸がいけない訳ではありません。価格や効果などのバランスを考えた場合、合成葉酸でも差し支えはないからです。

葉酸サプリを購入する際には、1日の必要量が含まれている数値を参考にして探して行くのがお勧めです。

あらゆるメリットがある葉酸サプリの配合成分

ほかには、鉄分が配合されています。これは、血液を作るための主成分ですので貧血予防や改善を目指せます。

ほぼすべての葉酸サプリに配合されています。葉酸と鉄分は、造血ができるため、とても妊婦や胎児に有効性があるとされています。

それから、食物繊維が含まれている物もあります。便秘に悩まされている女性には、有難い成分です。

特に、妊娠中はホルモンバランスを崩してしまうために、便秘になりやすくなりますので、食物繊維を多く摂ることで腸内環境も良くなり便秘予防にも役立ちます。

これから、どのような葉酸サプリの商品を購入すれば良いのか検討している場合、それぞれの含有量をよく確認してから選ぶことをお勧めします。

葉酸サプリメントは成分を比較してみる

葉酸サプリメントは成分を比較してみる

葉酸サプリメント、まずは目安量をチェック

正常な細胞分裂をするためには、葉酸が欠かせないものとなっていますが、食事だけで必要な量を摂取するのは大変です。特に、つわりなどがある場合、食事をきちんと摂ることもままならない人もいます。

そんな場合には、葉酸が含まれるサプリメントを使用するとよいようです。

ただし、過剰に摂りすぎると、体調が悪化する原因ともなりますので、サプリメントに記載されている目安量を超えないように気をつけることが大切です。

葉酸サプリメントの配合成分を比較する

サプリメントはいろいろな製品があります。

葉酸が成分のほとんどのものもあれば、ビタミンなどが配合されているものなどもあります。成分を比較して製品を選ぶ人が多いです。

葉酸は、妊娠初期に必要な栄養素ですが、妊娠した時に、すでに十分ある状態が理想です。そのため、妊娠を使用としている人は、前もって摂取しておくとよいとされています。

安い葉酸とその安全性

安い葉酸とその安全性

葉酸の効能と必要性

全国の妊婦さんの強い味方、「葉酸」。1944年にほうれん草の葉から発見され、それ以来優秀なビタミンとして重宝されてきました。

その葉酸についてもう再確認し、その上で「安い葉酸」についても考えていただけたらと思います。

まず、効能について再確認しましょう。分類は、ビタミンB群のひとつで水溶性のビタミンです。細胞分裂の際に必要となる核酸の生成などにも役立ってくれます。濃緑色野菜に多く含まれる傾向があります。

胎児は凄まじいスピードで細胞分裂を繰り返すことから、この成分の補給がいかに重要かがわかるかと思います。

身体に及ぼす効能としては、新陳代謝の促進、母乳の出を良くすることなどが挙げられます。胎児に及ぼす影響では、先天的奇形の予防、心臓病、各種ガンの予防効果があります。

安い葉酸を正しく見極める

葉子さん
なにかと妊娠中は出費も多いし、安く済むなら安いサプリでいいかな・・・?
先輩ママの友子さん
葉子ちゃん!自分のためにも、赤ちゃんのためにも、安心して飲める葉酸サプリを選ばなきゃダメよ!

そうなんです。市販の葉酸サプリは、「無添加」とその他があり、値段にもかなりの振れ幅があるようです。ここで、摂取する際はできる限り、いえ、必ずと言っていいほど「無添加」のものを使用するようにしましょう。

安いものでは、科学的に生成されるものも多く販売されているようです。

正しく見極め、自分の体そして胎児のことをしっかりと思って、後悔のない選択をしましょう。

葉酸は熱に弱いです

葉酸は熱に弱いです

調理などで減少する葉酸の栄養成分

葉酸は赤ちゃんの脳や神経の発育に関係するとても大切な栄養素なので、妊娠初期の妊婦さんは特に心がけて摂取しなくてはなりません。

しかし、葉酸は加熱に弱く、水に溶けやすい性質を持っています。

栄養成分表示などに基づいて計算しても、それは生の状態での計算なので、調理などで加熱すると葉酸は半分に減少します。

また、体内に取り入れた時、吸収されるのはその半分、つまり生の場合の1/4しか体内に吸収されません。

葉酸を含む食材とその調理法

加熱により現象し、水に溶けやすい性質なので、なるべく調理法はシンプルな方がおすすめで、溶け出した成分も一緒に頂ける具沢山のスープや汁物などはおすすめのメニューです。

加熱すればかさが減るので、生でそのまま食べる場合よりも食べやすく、量も沢山食べることが出来ます。

色々な食材を取り合わせることにより、栄養バランスの取れた一品になります。

また、生で食べられるフルーツなどもそのまま取ることが出来るのでおすすめの食材です。いちご、ライチなどに多く含まれます。

レバーなどには沢山含まれますが、いくら葉酸が多いからと言って、毎日のように食べるのはやめた方が良いです。

葉酸だけで見るとレバーは優秀食品と言えますが、ビタミンAも多く含まれるので、ビタミンAの取りすぎの心配が出て来ます。

色々な食材から満遍なく、バランス良く摂取するのがおすすめです。

葉酸サプリの他にミネラル、ビタミンの含有が大切

葉酸サプリの他にミネラル、ビタミンの含有が大切

無添加の葉酸サプリを選ぼう

妊活中、妊娠中、そして授乳中の方におすすめのサプリメントが、人間の細胞分裂に欠かせないビタミン成分である葉酸を含んだ葉酸サプリです。

葉酸サプリを選ぶ際のポイントは、まず無添加であることです。添加物がいろいろ含まれていると、赤ちゃんがアレルギーを持って生まれてしまうような悪影響を及ぼす危険があるからです。

同様の理由で、化学物質が入っていない100%天然の葉酸サプリが求められます。

ミネラルやビタミンが含有されているサプリがおすすめ

二つ目に、葉酸サプリの中に、ミネラルや各種ビタミンが豊富に含有されていることも重要です。

やはり、妊活中、妊娠中、授乳中の女性は、赤ちゃんに栄養を吸収されてしまうので、普段以上に栄養を摂取しないといけないのです。

また、栄養素というのはそれだけを摂取するよりも、様々な他のビタミンやミネラルと一緒に摂取することで相互作用を促し、もっと高い効果が期待できます。

ここが重要なポイントで、葉酸サプリの中にこれらのビタミンやミネラルがしっかりと含有されていれば、他のサプリを摂取しなくても済みます。

これらの条件を満たした上で、後は価格の比較になりますが、コストパフォーマンスが高く、安心して毎日摂取することができるサプリを選ぶようにいましょう。

葉酸に含まれる栄養

葉酸に含まれる栄養

多くのリスクを防ぎ、メリットを持つ葉酸

葉酸は、ほうれん草などの緑の葉に多く含まれることからこの名がついたと言われています。

水溶性のビタミンで、ビタミンB9とも言われます。葉酸には、タンパク質や細胞を作るときに必要なDNAなどの核酸を合成する働きがあります。

このため、赤血球の細胞の形成を助けたり、細胞分裂が活発である胎児の正常な発育に役立ったりもします。

妊娠したときに葉酸を意識して摂るように言われているのはこのためです。

いろいろな食品に含まれており、欠乏することはあまりないのですが、妊娠時は通常の倍ほど必要となるため不足するのです。

ビタミンB12と協力して血液を作る働きがあり、不足すると巨赤芽球性貧血になることがあります。十分に摂取できていると、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患の予防に繋がったり、妊娠の場合は胎児が神経系の発育不全になるリスクを減らせると言われています。

葉酸はいろいろな食品に含まれていますが、特に多く含まれているのは、レバー、モロヘイヤ、なばな、ほうれん草、ブロッコリー、イチゴなどがあります。

葉酸を摂り過ぎるとどうなる?

栄養をとることは大切ですが、摂りすぎはよくありません。

葉酸の場合、普通の食事では特に問題ありませんが、サプリメントの乱用は神経障害や発熱、じんましんにつながると言われています。

摂取量を守ることは大事
一日に必要な葉酸は400μg(0.4mg)です。一日当たり1000μg(1mg)をオーバーしないように心がけましょう。過剰摂取は危険です。

葉酸が多く含まれている野菜を摂取しよう

葉酸が多く含まれている野菜を摂取しよう

葉酸の必要性と熱に弱い性質

葉酸はお腹の赤ちゃんを育てていくうえで必要不可欠な栄養素であり、不足してしまうと赤ちゃんの神経系や脳の生成に異常が出てしまうこともあります。

また貧血やめまい、動悸など母体に影響が出てしまうこともあるため、妊娠したら葉酸が不足しないように摂取するように心がける必要があります。

葉酸はビタミンB群の一種でほうれん草やモロヘイヤ、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれていますが、熱と弱く水に溶けやすい性質のため、野菜を茹でたりすることで失われやすくなっています。

野菜のほかに葉酸が含まれる食材

野菜以外のものであれば、海苔などの海藻類や納豆などの豆類、うなぎの肝や鶏や豚、牛のレバーにも含まれているのでそれらも一緒に摂取できるような食事を心がけると良いでしょう。

またアサリなどの貝類に多く含まれているビタミンB12と一緒に摂取すると効果が高まります。

葉酸を上手に摂取しにくい場合は、サプリメントで補いましょう。

葉酸を含む野菜のレシピと葉酸サプリ

葉酸を含む野菜のレシピと葉酸サプリ

シチューやサラダで葉酸を摂ろう

葉酸を含む食品はホウレンソウやモロヘイヤ、アスパラガス、オクラやブロッコリーといった野菜類から摂取するのが最良とされています。

動物性食品にも含まれているものがありますが、ウナギ、レバーといった食品には過剰摂取するとかえって母体や赤ちゃんに悪影響を与えると言われているビタミンAも同時に含まれており、かえって注意が必要となります。

野菜を毎日おいしく食べようと思うと、いろいろな工夫が欠かせませんが、ホウレンソウは比較的食べやすく、料理上の応用範囲が広いのでお勧めです。

簡単に食べるにはおひたしなど茹でるだけで結構ですが、同じ葉酸を含むブロッコリーと一緒にシチューにしてしまえば食べやすいメインメニューが完成します。

さらに牛乳を混ぜて作るのでカルシウムも同時に摂取でき、カルシウム不足の解消にも一役買います。

他のアスパラガスやオクラも軽くゆでてサラダにしてしまえば、簡単なレシピでも十分に葉酸を補えるメニューに早変わりします。

野菜が苦手な方には葉酸サプリ

でも中にはこれらの野菜が嫌いな方もいるかと思います。

そんなに野菜を食べないという方には、葉酸はサプリメントでとるのがベストになるでしょう。

最近の葉酸サプリには、妊娠を予定している方や妊婦の方が活用することを見越して、鉄分やカルシウムといった他の栄養素をプラスしたものも多く販売されています。

お値段も手頃なものが多いので、元気な赤ちゃんを産むためにも、このような葉酸サプリをうまく活用してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

葉酸が多く含まれる果物について

葉酸が多く含まれる果物について

南国系フルーツと葉酸

葉酸は、ビタミンB群の一種で、妊娠初期には特に積極的に取り入れたい栄養素です。また、動脈硬化や認知症予防などに効果があるとも言われています。

また、ビタミン12とともに赤血球やヘモグロビンの合成に関与したり、DNAの合成や調整に関与したり、免疫力アップや貧血予防にもなったりすると言われています。

葉酸が多く含まれる果物には、ドリアン、ライチ、イチゴ、パッションフルーツ、マンゴーなどがあります。

南国のものなど、普段あまり食べない人が多いものが並んでいますが、葉酸が多く含まれている食材は魚介類などにも沢山ありますので、果物を意識する必要はないように思います。

なぜ葉酸を果物で摂るのが良いの?

なぜ葉酸の摂取に果物が有効かというと、生で食べる機会が多いからです。加熱に弱い栄養素なので、調理の段階で失われることが多いのです。

果物であれば、そのまま生で食べる機会が多いので、効率よく葉酸を摂取することが可能です。

ただし、加糖の摂りすぎなどにもなりますので、食べ過ぎはよくありません。

葉酸は、普通に食事をしている限りでは摂りすぎる心配はありませんが、サプリメントを使用する際には注意が必要です。

葉酸を豊富に含む青汁で健康増進

葉酸を豊富に含む青汁で健康増進

青汁に含まれる栄養素

ビタミンの一種として健康に欠かせない栄養素の一つ、葉酸。

この大切な栄養素をもっと効率よく摂り入れるためには、健康補助食品とも言える青汁を飲むとよいと言われています。

なぜなら、青汁は緑黄色野菜から作られているため、鉄分やビタミン、カルシウム、カリウム、食物繊維、ミネラルなどといった体に欠かせない栄養素が非常に多く含まれているからです。

またこれらの栄養素に加えて、葉酸をも豊富に含んでいるのです。

そのため、毎日の食事に注意を払うと同時に、青汁を補助的に利用するなら、健康増進につながります。

青汁を飲む時の注意点

青汁の利用にあたっては、一つの注意点があります。こうした健康食品の場合、一般の食品と比べて、栄養素の吸収率は高くなります。

そこで摂り過ぎに注意して、毎日適量を摂取することができます。

葉子さん
野菜だけじゃなく、フルーツ、青汁からも葉酸がとれるんだね!
先輩ママの友子さん
いろんなものと組み合わせて、楽しみながらきちんと摂っていくことが大切よ。