葉酸サプリで妊娠しやすい体に!つわり時期にも助かる葉酸

葉酸サプリで妊娠しやすい体に!つわり時期にも助かる葉酸

晩婚化の流れもあり、妊活を行っている方が増えている中、やはり年齢とともに妊娠しづらくなるということも…。

そこで今回は妊活や妊娠中の辛い症状も和らげてくれると話題の葉酸サプリについてまとめてみました。

葉酸は妊娠前からの摂取が大切になります。つわりの時期に限らず、妊娠を望む場合はぜひ葉酸サプリも取り入れてみませんか?

目次

妊活には葉酸サプリと睡眠

妊活には葉酸サプリと睡眠

妊活で注目されている葉酸サプリ

晩婚化の流れもあり、妊活を行っている方が増えています。

やはり、年齢とともに妊娠しづらくなるということもありますので、意識的に妊娠を希望しているというケースが多いこともあります。

妊活の代表的な方法としては、妊娠しやすいからだ作りということで、葉酸や鉄分、ビタミンやカルシウムなどの成分をバランスよく摂るということも大事です。

しかし、食生活でなかなか摂取できないという場合には、葉酸サプリなどを使うこともおすすめです。

葉酸サプリは、1日に必要な量を摂取できるようにつくられていますので、妊活ではしばしば使われています。

睡眠の質と冷えに注意

また、生活習慣を改めるという意味で、睡眠を見直してみることも重要です。

年齢とともに活性酸素が多くなってしまい、これが老化の原因ともなっているわけですが、睡眠をきちんととることで、この活性酸素に働きかけることができるメラトニンが出てきますので、きちんとした睡眠をとるということもとても大事な事です。

その他、婦人科系の内臓、たとえば卵巣や子宮は冷えが大敵となりますので、常に身体を温めてあげるということは重要です。

冷えは万病の元とも言われていますし、身体を温めてあげるということを意識しましょう。

葉酸サプリで妊娠しやすい体になろう

葉酸サプリで妊娠しやすい体になろう

まだまだ認知されていない葉酸の重要性

妊娠初期や妊娠中のお母さんにとって、葉酸サプリは必需品ということが定着してきました。

葉酸は赤ちゃんの成長には欠かせないものです。赤ちゃんの時期の大切な細胞分裂において、重大な問題が起こらないようにする役目があります。

ですが、妊娠中の女性だけではなく妊娠希望の男女にとって葉酸サプリはとても大切な役割があることはあまり知られていません。

身体の冷えが妊活に与える影響

女性は生理になると貧血になりやすい方もいると思います。貧血になると全身の血流が悪くなり、体が冷えやすくなります。

体の冷えは受精卵が子宮に着床しにくくなるのです。

それを防ぐ効果があるのが葉酸サプリ、飲むと体の冷えが改善され、妊娠しやすい体としての準備ができていきます。

もちろん、それだけで改善するわけではありませんが、冷えに悩む方は試してみるといいでしょう。

男性にとっての葉酸

また、男性にとっても葉酸は効果的です。

葉酸は精子を正常に保たせる効果があります。

特に染色体異常の精子を減少させるといわれているので、妊娠を希望しているのなら、夫婦で摂取すると良いでしょう。

妊活は女性のイメージが強いですが、パートナーの協力もあると心強くなりますね。

サプリメントには男性用、女性用というのはないので、二人で協力して妊娠しやすい体を作りましょう。

葉子さん
パパも飲んだ方がいいんだね!

葉酸で不妊も解消できる

葉酸で不妊も解消できる

現代女性が不妊の理由

現代の女性は過剰なダイエットや不規則な生活、偏食などが原因となり、不妊に悩む人が増えています。

妊娠して胎児ができると身体の中の栄養素が足りなくなりますから、妊娠するには栄養がたっぷりと吸収されている健康な身体が基本条件となります。

不妊とは、結局その事前準備が出来ていない状態であるために妊娠しにくくなっているという状態の事です。

栄養をまんべんなく摂取するにはやはりそれなりの計算や手間も必要になってきます。

しかし現代の女性は忙しさや痩せたいという気持ちが影響してどうしてもそこに気を使えないというのが現状です。

現代人のライフスタイルに適した葉酸サプリ

そのような場合に役立つのが葉酸で、葉酸にはビタミンや体内でアミノ酸を合成させるのに必要な成分などがたっぷりと含まれています。

日本人は日本人らしい食生活をしていれば不足しない成分ですが、今は洋食化が進み欠乏する可能性もあります。

ですから、サプリや健康食品などを活用して葉酸をたっぷりと摂取する事が求められます。

また、人間の脳や神経を造るという特別な働きも持っていますから、本人のためにも有効ですし、妊娠した場合はこれから多くの器官が形成されていく胎児にとっても必要な成分と言えるのではないでしょうか。

どんなにバランスの良い食事を心掛けても補え切れない栄養素もありますし、妊娠期間は料理をすることさえ辛い日もあるでしょう。そんな時は葉酸サプリに頼ってみても良いのではないでしょうか。

つわりの時期に助かる葉酸サプリ

つわりの時期に助かる葉酸サプリ

赤ちゃんの脳や神経を作る期間とは

葉酸とはビタミンの一つで、遺伝子情報を含むDNAを合成するのに必要な栄養素です。

DNAの合成が正しく行われることにより、細胞分裂がきちんと行われ、おなかの赤ちゃんが成長していきます。

赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても重要な栄養素なのです。赤ちゃんが脳や神経を作る時期は妊娠3ヶ月目までです。

この時期に葉酸が欠乏すると、神経管閉鎖障害のリスクが高くなるということが分かっています。

また、葉酸は、赤血球を合成するのにも重要な役割をもっています。

正常な赤血球が合成され、血液をスムーズに運ぶと言うことは、赤ちゃんに栄養をきちんと送ることにつながります。

葉酸は妊娠中、授乳中には特に欠かすことの出来ない栄養素です。

つわりの時にも摂取しやすい葉酸サプリ

赤ちゃんの細胞分裂の盛んな妊娠初期はつわりの時期でもあります。つわりの時期にはうまく食物をとり入れられず、戻してしまうこともあります。

そうすると必要量の葉酸を摂取することが出来ません。そんな時に助かるのが葉酸サプリです。

葉酸サプリは葉酸を吸収しやすい形にしてあり、一日に1粒などの少ない量で必要量をまかなえるようにしてあります。

粒の大きさも小さく、つわりの時期でも楽に取り入れることが出来ます。

葉酸は妊娠前からの摂取が大切になるので、つわりの時期に限らず、妊娠を望む場合はぜひ葉酸サプリも取り入れてみてください。

葉酸はつわりの症状を和らげる

葉酸はつわりの症状を和らげる

妊娠初期における葉酸の役割

妊娠中の女性にとって葉酸が大切なことはよく知られていることです。

特に妊娠初期には大切な栄養素だと言われていて、赤ちゃんの先天性異常のリスクを軽減させる効果があると言われています。

また、母子手帳にも葉酸の大切さが記されています。

しかし、食品から必要な栄養素をしっかり摂ることはなかなか難しく、多くの人はサプリを利用し、効率よく摂取しているようです。

葉酸不足で、つわりが悪化する?

また、多くの人が経験するつわりは、人によってはとても辛いもので、日常生活に支障をきたす人も珍しくありません。

実は、つわりと葉酸は深い関わりがあると言われていて、一般的に体内に葉酸が不足すると、つわりがハードになりやすいという事が知られています。

したがって、症状が重く、食事が思うように摂れないという人も、サプリを飲むことで随分楽になるはずです。

葉酸サプリの選び方

サプリは、たくさんの種類があり、どれを購入したらいいのか迷ってしまいますよね。

選ぶ基準は、「天然」のものを選ぶようにすると良いでしょう。また、できるだけ、無添加、無着色のものが安心です。

大事な赤ちゃんの栄養素になるものなので、品質もしっかりと考えていくことが大切です。

葉酸サプリの飲み方

飲み方は、食後にコップ1杯の水かぬるま湯で飲むのがいいとされています。カフェインの含まれる飲み物と一緒に飲むのは避けましょう。

安心できる葉酸を正しく飲むことで、赤ちゃんのすこやかな成長と、お母さんのつわりの症状をサポートします。ぜひ、積極的に飲むようにしていきましょう。

葉酸の摂取で血管を若返らせる

葉酸の摂取で血管を若返らせる

葉酸が含まれる食材

葉酸は、ビタミンの一種で、貧血予防や赤ちゃんの発育形成の為に、妊婦さんが摂取すると効果的です。日常的な食事からとることもできます。

主に、緑の野菜に含まれることが多い栄養素で、菜花や枝豆、ほうれん草、モロヘイヤなどに多く含まれています。

その他に、緑の野菜以外では、海藻類やレバーなどの内臓系の肉からも摂取できます。

葉酸で予防できる病気

また、葉酸には、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中といった病気を予防する働きもあります。

動脈硬化に関しては、ホモシステインという物質が原因で発症します。

このホモシステインは、アミノ酸の一種ですが、増えすぎるとコレステロールと共に、血管の壁に入り込み動脈硬化を促進させてしまうのです。

葉酸には、この、血管に有害なホモシステインを減少させる働きがあります。つまり、日常的に、葉酸を摂取することにより、血管を若返らせることが可能なのです。

毎日、必要量の葉酸を摂取するために

ですが、実際に、毎日、野菜を中心とした食事をとることが困難な方もいるでしょう。そういう方にお勧めなのが、サプリメントでの摂取です。

様々なメーカーから葉酸のサプリメントが発売されています。自分に合った方法で摂取し、血管を若返らせ、病気の予防をすることが健全です。

葉酸サプリが血管に与える影響

葉酸サプリが血管に与える影響

血管を老化させる「ホモシステイン」とは?

厚生労働省が葉酸の摂取を妊婦や妊娠を計画している人に推奨しており、さまざまな葉酸サプリが販売されています。

葉酸が妊婦や胎児に良い影響を与えるのはもちろんのことですが、血管にも良い影響を与えることが分かってきました。

血管は加齢とともに老化していくものですが、それを老化させる成分としてホモシステインというものがあります。

血中のホモシステイン濃度が上昇すると、活性酸素を多量に放出します。

活性酸素がどんどん増えると、弾力性や柔軟性が失われ、硬くなってしまい、動脈硬化や高血圧などを引き起こしてしまいます。

葉酸が血管の老化を防ぐ仕組み

葉酸はビタミンB群の一種であり、その効果の一つとして、体内のエネルギー代謝を高めるという働きがあります。

このような代謝に関する働きがあることから、活性酸素の元であるホモシステインに作用して体内のホモシステインの量を調整したり、ホモシステイン自体をメチオニンに戻すという働きがあります。

その結果、活性酸素が発生しなくなり、血管の老化を防ぐことができるというわけです。

このように、葉酸は血管にも非常に良い影響を与えてくれます。妊婦や妊娠を計画している人だけではなく、健康のためにも、葉酸サプリを積極的に摂取すると良いでしょう。

葉酸サプリは貧血にも役立ちます

葉酸サプリは貧血にも役立ちます

貧血に葉酸が効くとわかった事例

葉酸サプリは、妊婦が摂取をすると良いと言われているのですが、その他にも貧血にも効果があります。

貧血は、新しい血液が作られにくい状態にあるといえます。

そのため、血の量が減ってしまうので、息切れやふらつき、疲れやすさなどの症状が出て来ます。もともと葉酸は、ビタミンB9なのですが、ビタミンMとも呼んでいます。

なぜそう呼ばれるようになったかといえば、猿が貧血を起こした際に、葉酸によってその状態から改善して、造血の機能が起こったためです。

葉酸が血液を正常に造る仕組み

葉酸はビタミン12とともに、造血の機能を働かせるためには欠かせないものですが、赤血球の寿命は約120日、4ヶ月と言われていますので、体内では新しい赤血球が毎日造られているのです。

厳密に言えば、赤血球の元となる赤芽球というものの合成に関係している成分です。赤芽球が正常に造られるからこそ、赤血球も正常に造られていくと言うことになります。

つまり、しっかり葉酸を摂ることで、貧血予防や改善を目指せるわけです。

葉酸を効率的に摂るには葉酸サプリ

効率的に葉酸を摂るためには、葉酸サプリが有益だといえます。食べ物から摂ろうとすることも大事ですが、なかなか補いきれない面も確かにあります。

ですから、一日に必要な葉酸の量を、葉酸サプリなら手軽に摂れるというメリットがあります。

葉酸を摂って貧血やめまいを解消しよう

葉酸を摂って貧血やめまいを解消しよう

妊娠中に必要な葉酸の量とは?

葉酸は、体の中の細胞を作り出したり、赤血球の生成や動脈硬化予防の働きがある栄養素で、葉酸が不足すると貧血やめまいなどの症状を引き起こすことがあります。

特に妊娠を希望している女性には大切な栄養素で、厚生労働省でも一日に400μgを摂取することを推薦しています。

妊娠中にめまいなどの症状を感じたら葉酸が不足していないか注意してみましょう。

胎児の神経や体を作り出すのにも必要なものですので、健康な赤ちゃんを産むためにもきちんと摂取するようにしましょう。

過剰摂取に注意しバランスよく葉酸を摂取する

葉酸は過剰摂取しすぎても良くありませんし、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCなどのビタミン類を一緒に摂取することでその作用を得ることができます。

野菜ですとほうれん草や枝豆、ブロッコリーなどに含まれていますし、うなぎや鶏レバー、牛レバーなどにも多く含まれています。

うなぎやレバー類に含まれるビタミンAは母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあるので、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

葉酸は火に弱く、加熱してしまうと栄養が失われやすいので、いちごやアボカドなど生で食べられるものも取り入れるといいですね。

栄養バランスを考えて野菜や肉類などから効率良く摂るようにしましょう。

「μg」ってなに? 重量の単位。「マイクロ」は、「100万分の1」を意味します。1mgが1000μg(マイクログラム)なので、400μgは0.4mgですね。

葉酸サプリに抵抗があるなら飴で試しませんか

葉酸サプリに抵抗があるなら飴で試しませんか

鉄分の不足にも葉酸サプリ

女性や妊婦さんは貧血になりがちです。特に妊娠中はたくさんの血液を消費するので酷い場合、立っていられなくなります。

そんな時に病院では鉄分を処方されますが、これは副作用として便秘になったりすのるで飲みたくない、という人も多くいます。

しかし妊婦さんにとって貧血は重大な疾患です。お腹の赤ちゃんと自分の分の血液を補充するにはたくさんの鉄分を補給しなければなりません。

それでも日々の食事だけで鉄分を取り入れるのはなかなか難しいものです。そんな時に役立つのが葉酸サプリです。

手軽の飲むことができて、副作用も鉄剤ほどありません。葉酸は細胞が分裂する働きを助けてくれるので貧血を失くす為に必要な赤血球を増やすのに最適です。

サプリに抵抗があるなら葉酸キャンディー

薬同様サプリに抵抗がある、という方は葉酸飴を試してみてはいかがでしょう。

おやつ感覚で手軽に葉酸を取り入れることができます。葉酸サプリだと、どうしても薬というイメージが強いのであまり飲み慣れていない人はまず、葉酸キャンディーから試してみるのもいいかもしれません。

最近では様々な味や香りのものが出回っており、食べやすくなっています。大手企業や薬局などで手に入れやすく、普通のおやつ感覚で必要な葉酸を手軽に摂取できるでしょう。

葉子さん
飴ならちょっとした時にも手軽に摂れていいですね。