妊活をする女性に必要なビタミン葉酸はサプリで手軽に摂取!

妊活をする女性に必要なビタミン葉酸はサプリで手軽に摂取!

葉酸という言葉を聞くことも多くなってきた昨今、言葉は知っているものの実際に葉酸がどのようなものなのか、どのような働きをするのかはあまり知られていません。

そこで今回は、妊活や妊娠中、授乳期、胎児の育成などになぜ葉酸が必須なのかまとめてみました。

妊活に必要な栄養素は葉酸サプリで

妊活に必要な栄養素は葉酸サプリで

妊活にお勧めの葉酸サプリ

スムーズに妊娠を促す為には、子宮内膜を厚くし子宮内の血液量を上げる事などが必要になります。

また受精卵定着後も、胎児の成長を守る為にビタミンやミネラルなどの栄養分を、多く摂取する必要がありますが、ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあるので、過剰摂取には注意するべき栄養素です。

それらの事をふまえた上で、スムーズな妊娠と安全な出産に必要な栄養素が、手軽に摂取できるサプリメントが葉酸サプリです。

葉酸サプリにはいろいろな種類がありますが、国産原料を使用し無添加・無香料で葉酸の1日の摂取量が厚生労働省の認可を受けたものが妊活中の方にお勧めです。

葉酸サプリでとれる多くのメリット

また妊娠中は、胎児に栄養分が多くいくのでお母さんの為の栄養補給にもなりますし、葉酸サプリには多くの美容成分も含まれていますので、妊娠中または産後の肌荒れ防止や体質改善にも効果があります。

もちろん、産後の体調管理および健康維持の為に飲み続ければ、母乳の出も良くなると言われています。

葉酸サプリでカルシウムも摂れる

また、葉酸サプリには、カルシウムを効率よく摂取する為のマグネシュウムも含まれているので、胎児の骨の形成が上手くいきお母さんの骨粗鬆症の予防にもなり、必要なカルシウム量が取れます。

葉酸は女性に必要なビタミン

葉酸は女性に必要なビタミン

葉酸の働き

葉酸という言葉をTVなどから聞くことも多くなってきました。しかし実際に葉酸がどのようなものなのか、どのような働きをするのかはあまり知られていません。

ビタミンB群のひとつである葉酸は女性に必須のビタミンであると言われています。なぜ必須と言われているかと言うと、DNAを形成するのに必要なものであり、貧血予防などにも役立つものだからです。

さらに言うとDNAの形成や細胞分裂に必要であり、特に妊婦には胎児の成長という面から非常に重要なことがわかっています。

葉酸が不足すると胎児に影響する可能性

妊娠初期に胎児の神経系統が成長するのでこの時期に葉酸が不足すると脳神経に異常をきたし、重症な障害を起こしてしまう可能性もあります。

そのため女性、特に妊娠を考えている女性は日頃から意識して摂取することを心がける必要があります。

葉酸の特徴

また赤血球をつくる働きを助ける役目もしてくれるため、貧血、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防にも役立ちます。

そしてその時にビタミンB6やビタミンB12が同時に必要なため、一緒に摂取する必要があります。インスタント食品やコンビニの食べ物ではビタミンをなかなか摂取することは難しいです。

また、喫煙や過剰なアルコール摂取は葉酸の破壊につながります。日頃から健康を意識した生活が必要です。

注意妊娠中の喫煙や過度なアルコールの摂取は控えましょう!

妊娠初期に必要な水溶性ビタミンB群の葉酸

妊娠初期に必要な水溶性ビタミンB群の葉酸

葉酸の別称と補酵素としての働き

葉酸は、妊婦さんにとって妊娠初期に必要な栄養素として知られている水溶性のビタミン群のひとつです。

生理活性物質である葉酸は、ビタミンMやビタミンBg、プテロイルグルタミン酸という別の名称も存在します。

葉酸の特徴は、ビタミンB12と合わせて赤血球内の核酸とタンパク質の合成のために必要な酵素がありますが、その補酵素として働くために体内での還元を受け、ジヒドロからテトラヒドロに変化します。

そんな葉酸が不足すると、B12と同様に巨赤芽球性貧血の発症をまねき、一種の貧血の症状が現れます。そして、これらの栄養素が欠乏することは、細胞分裂とその成長、DNA形成を妨げることになるのです。

妊娠時、一日当たりに必要な葉酸は400μg

これらの症状は、細胞の分裂を繰り返している胎児を身ごもっている妊婦にとっては、裂けるべき危険な状態を表します。ですから、妊婦さんは妊娠初期の段階で、葉酸を十分摂取することを求められます。

葉酸の1日の十分な摂取量は480μgですが、調理途中で失われやすいこともあり、サプリメントなどにより1日の必要量中400μgを摂取することが推奨されています。

この栄養素は、妊娠初期に必要ではありますが、過剰摂取による過敏症などの注意の呼びかけがあり、1日に900~1000μg以上は摂取することは望ましくないでしょう。

先輩ママの友子さん
食品からもサプリからも、なにも気にせずっていると、ついつい過剰摂取になってしまうわよ。

葉酸は胎児の成長に必要不可欠

葉酸は胎児の成長に必要不可欠

葉酸の重要な働き

葉酸は、ビタミンB群に含まれる栄養素です。その主な働きは、細胞の再生や複製を助けることと、悪性貧血の予防です。特に重要なのは、細胞の再生や複製を助ける働きです。

人間の身体は新陳代謝を行っているため、遺伝子の情報を基にして、次々に新しい細胞に生まれ変わっています。この時にDNAの主成分である核酸が必要となりますが、葉酸はその核酸を作ることを助ける働きをしているのです。

新しい細胞を作ることは成人でも行われていますが、特に胎児の段階では、一つの受精卵から人間になるまで非常に多くの細胞分裂を行います。

そのため、葉酸の働きはとても重要であり、胎児の健やかな成長のためには必要不可欠な栄養素です。

葉酸が不足すると起こるリスク

赤ちゃんを妊娠中のお母さんは、1日当たり440マイクログラムの葉酸摂取が推奨されています。不足すると、赤ちゃんの発育が不十分になるリスクがある他、特に重要な障害としては中枢神経に異常が出ることが報告されています。

毎日の食事で緑黄色野菜などの野菜を摂取していれば不足する心配は殆どありませんが、生活が不規則だったり、食習慣によって野菜類があまり摂取できない場合には、サプリメントを補助的に用いることも必要になります。

妊娠中には葉酸サプリが必要です

妊娠中には葉酸サプリが必要です

妊婦さん以外にも葉酸が良いといわれる理由

近年、健康維持を目的にサプリメントの摂取をする方が多いと思いますが、特に妊娠中の方が摂取するべきな物が、葉酸サプリです。

このサプリを摂ることにより、妊娠時の必須であるビタミン・ミネラルが摂取できるうえに、受精卵定着後の子宮内膜の強化もしてくれます。

また葉酸サプリは、血液を作るという効果もあるので子宮内の血流も良くなります。もちろん、妊婦さん以外の方も健康維持などの為に、ご愛飲をお勧めします。

葉酸サプリの選び方

健康で快適な生活を過ごす為に必要な葉酸サプリですが、多く製品の中から、より安全なものを選ぶ必要があります。

そのポイントとしては、

  1. 厚生労働省が推進する1日あたりのサプリからの葉酸摂取量0.4mgが取れる事
  2. 合成葉酸と天然葉酸があるので、天然である事、
  3. 無添加で原材料にきちんと放射能チェックがされている事

その他、サプリを選ぶ基準はそれぞれにあると思いますが、最低でも上記のことをふまえて商品選びをする事をお勧めします。

葉酸以外の成分を含むものも

成分も種類によって様々ですが、つばめの巣エキスやプラセンタエキス・ヒアルロン酸などの、美容エキスの含まれた物もあるので、妊娠中の肌荒れ予防にも効果があり、無臭なのでつわりの時でも安心して飲めます。

妊娠中期以降も葉酸が必要な理由は

妊娠中期以降も葉酸が必要な理由は

厚生労働省が奨める葉酸の摂取期間

葉酸はあまりなじみのない栄養素ではありますが、遺伝子の成分である「核酸」の生成を助け、胎児の細胞の増殖を促進するため、妊娠初期に積極的に摂りたい栄養素だと言われています。

別名を「ビタミンBg」と言い、ビタミンB群の一つです。妊娠初期は、受精卵が活発に細胞分裂を繰り返し、大事な器官が作られていく時期です。

葉酸が充分存在していることで、正常な細胞分裂が行われていくことになります。そのため、厚生労働省では、妊娠前から妊娠3ケ月までの妊娠初期の期間に、充分に摂取するように推奨しています。

妊娠中期や後期も葉酸が良い理由

しかし、実は妊娠初期だけでなく、妊娠中期や後期にもしっかり摂りたい栄養素なのです。

赤ちゃんは、血液を通じて酸素や栄養を取り込むのですが、葉酸にはきれいな血液を作る役割があります。また、赤血球を作ることも重要な仕事です。

赤血球が少ないと悪性貧血になりやすいため、充分な量を摂取することが欠かせないのです。また、妊娠後期に起こりやすい妊娠中毒症の予防にも有効であるとされています。

妊娠初期の葉酸摂取は主に赤ちゃんの発育のために必要ですが、妊娠中期と妊娠後期は、主に妊婦の身体のために必要だと言えます。葉酸を多く含む食品(枝豆・ほうれん草・ブロッコリー・アスパラガス・にら・納豆)を食べたり、無添加のサプリメントなどで充分摂取するように心がけましょう。

母乳育児中に葉酸は必要かどうか

母乳育児中に葉酸は必要かどうか

出産後も葉酸を摂るべき理由

葉酸は、胎児の成長には、欠かすことのできない栄養なので、妊娠中に意識して摂取していた方は多いのではないでしょうか。では、出産して、母乳育児が始まったら、もう摂取しなくてもいいのでしょうか。

実は、出産後も必要な栄養素の一つなんです。母乳って何から作られているか知っていますか。母親の血液からできているのです。

葉酸は、赤ちゃんの成長の促進、母親の良い血液から良い母乳を作る、産後の身体回復など、様々な働きがある栄養素です。

人は細胞分裂を絶えず行いながら生きていきますが、特に成長の早い赤ちゃんは細胞分裂が盛んに行われます。細胞分裂には、葉酸が必要で、赤ちゃんが不足すると成長が遅れると言われています。

先輩ママの友子さん
自分で食事をすることのできない赤ちゃんが葉酸を摂取するためには、お母さんを通じて母乳で摂取するしかないの。

母子手帳にも、妊娠中に摂取しましょうといった内容の記載があり、ついつい妊娠中だけ気を付けてしまいがちですが、産後も、自分の身体の回復や、赤ちゃんのために必要な栄養素になります。

妊娠中だけではなく、産後も気を付けて摂取をするようにしましょう。

授乳期の葉酸の必要性

授乳期の葉酸の必要性

どんなときにも女性に必要な栄養素

葉酸はビタミンB群の栄養素であり、赤血球を作る働きをします。なぜ授乳期に葉酸が必要なのかというと、母乳というのはお母さんの血液から作られているからです。

赤ちゃんにとって母乳は大切な栄養の源ですから、お母さんは母乳をたくさん作ってあげられるように適切量を摂取する事が大切です。授乳中に必要な摂取量は、妊娠中より少なく340μgです。

摂取不足になると赤血球をうまく作る事が出来なくなり悪性貧血になりますので、赤ちゃんのためだけではなく授乳中のお母さんのためにも最も大切な栄養素となります。

また、葉酸を摂取する事で産後の子宮回復を助けてくれるという効果もあります。つまり女性にとってなくてはならない栄養素という事です。

葉酸が含まれる食品

葉酸が含まれる食品の例として、ほうれん草、ブロッコリー、チンゲン菜、アスパラガス、サラダ菜、パセリなど緑の野菜に多く含まれています。

摂取する際の注意点は、水溶性の栄養素なので火を通さずサラダなど生で食べるという事が重要です。

野菜の他にも、大豆、海藻、甘栗、焼き海苔、果物、きな粉などにも葉酸が含まれていますので、おやつには甘栗や果物を食べるという事もポイントです。

葉子さん
いろんな食品に含まれているから、摂取しやすいわね。不足しそうならサプリで補おう!