葉酸の過剰摂取による副作用と危険性とは?蕁麻疹・食欲不振・不眠・吐き気など

過剰摂取をするとこうなる!葉酸による副作用と危険

葉酸は、私たちの体に大切な栄養素の一つとされていますが、まれに副作用に見舞われる方もいます。

今回は、葉酸を取りすぎるとどうなってしまうのか、過剰摂取時におこる副作用やリスクについてまとめてみました。

目次

葉酸を摂りすぎることによる危険のリスク

葉酸を摂りすぎることによる危険のリスク

葉酸を摂るメリット

新しい命を宿すために食事の面から改善することが性別問わずにおこなわれていますが、その食事の面において取り入れることが推奨されているのが葉酸です。

この葉酸はホウレンソウなどの葉物野菜に含まれている栄養素で、その効果は血液の主成分である赤血球に作用して全身の細胞に栄養と酸素を送ると共に細胞の活性化を促します。

葉酸は性別問わずに増えている貧血予防になる他にも、特に女性において新しい命を宿すためには活性化を維持することが重要なため、一定量を常に摂取し続けることが良いとされています。

葉酸を摂り過ぎた場合の副作用

葉酸を一定量摂ること自体は良いのですが、この栄養素に限らず摂りすぎる場合には副作用という物が出ます。

取り過ぎるほど摂取した人に発熱や食欲不振による吐き気そして全身のむくみ、そして生まれてきた新しい命には赤い斑点が出る危険の傾向があります。

サプリメントでは過剰な栄養素が排出されにくい

本来、体には栄養素をため込むための許容量というのがあり、その許容量を超えた場合には体は本能的に外に排出するように出来ています。

しかし現在では栄養素を凝縮したサプリメントが開発されることによって、本来許容量を超えても排出する機能があっても排出しきれない量を体が体内に吸収してしまうことが起きていることが原因です。

そのため葉酸サプリメントで摂取する場合には書かれている内服量を守りつつ、基本は食事で摂取することが望ましいのです。

葉子さん
摂り過ぎてもダメなんだ!気を付けないと~。

葉酸を取り過ぎるとどうなるの?

葉酸を取り過ぎるとどうなるの?

葉酸の過剰摂取による赤ちゃんへの影響

葉酸は、赤ちゃんの脳や神経を作るのにとても大切な栄養素なので、妊娠中の人は多めに食べるように心がけた方が良いとい認識が広まりつつあります。葉酸を取り過ぎるとどんな影響があるのでしょうか。

国立健康、栄養研究所によれば、葉酸を取りすぎると妊婦さん自身に発熱やじんましんの症状が出たり、生まれて来る赤ちゃんに喘息症状が出ることがあると言われています。

食品から摂取する場合は気にせずに

しかし、一時的に葉酸を取りすぎたとしても、それ程問題ではありません。食品から摂取する場合、実際は思った程取れていないことが多い為です。

葉酸が多く含まれていると言われる食品であっても、加熱や調理によってその多くを失われてしまっている場合が多いのです。

含有量が多いとされている食品は、それぞれを生で食べた場合の数値ですので、注意が必要です。

毎日大量にレバーを食べ続けている、などが無い限りは、取り過ぎてしまうということは心配しなくて大丈夫です。

もし、前日に沢山食べたら、翌日は少し控える、など調整をしていけば、気にすることはありません。食品で取る分は毎日変わりますので、サプリを利用する人もいるでしょうけれど、サプリの場合はきちんと容量を守って飲むことが大切です。

葉酸を摂るときのポイント!
葉酸の過剰摂取はNGだが、食品でとる際は思っている以上に摂取できていないので摂りすぎの心配はしなくてOK!

 

葉酸による副作用とは

葉酸による副作用とは

葉酸の栄養素としての役割

葉酸とはビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれる水溶性のビタミンです。

通常の食事をとっていれば過剰摂取になることもなく、仮に過剰に取っていたとしても尿と一緒に排出されてしまうのですが、まれに副作用に見舞われる方もいます。

もちろん葉酸は胎児にとって細胞分裂を助け、ガン予防や免疫力アップなど大切な役割を持つ栄養素です。

葉酸の過剰摂取が起こす副作用

通常ならば400μg程度、過剰摂取したとしても1000μgならば問題ないと言われていますが、あまり摂取し過ぎてしまうと生まれてくる赤ちゃんにとってアレルギー物質とみなされ、喘息やアトピーになったりするという報告もあります。

また、お母さんにとっては過剰摂取すると不眠症や消化器症状、特に食欲不振、吐き気、むくみなどの副作用が出るおそれがあります。

サプリメントは手軽さで飲み過ぎに注意

サプリメントだと錠剤なので手軽に摂取できることからこのような症状におちいる人がいるようです。葉酸サプリを使用するときは担当の医師や専門家とよく相談してみましょう。

そして必要摂取量を確認して、用法用量を守ってサプリを使用するようにしましょう。

先輩ママの友子さん
サプリは手軽な一方、ついつい飲みすぎてしまう人もいるみたい。ちゃんと1日何錠飲むのかお医者さんと相談しましょ。

葉酸の過剰摂取で亜鉛の吸収が阻害される?

ここまで説明してきたように、葉酸の過剰摂取によって起きる可能性がある副作用はいくつかあります。例えば発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害、むくみ、食欲不振、吐き気といったものがあります。これらの症状は葉酸過敏症と呼ばれるものです。

また葉酸を過剰に摂取することで亜鉛の吸収を阻害してしまうこともあるので注意が必要です。亜鉛には卵胞を育て、プロゲステロンやエストロゲンなど女性ホルモンの分泌を促進するという効果があります。そのため、妊娠希望をしているのであれば葉酸だけではなく、亜鉛も一緒に摂取しておくほうが良いのです。しかしせっかく摂取をしても吸収を阻害されてしまっては意味がありません。亜鉛不足になってしまいます。

葉酸のサプリメントには多くの場合、亜鉛を含めて他の栄養成分も配合されていることが多いので、そのサプリメントを摂取することで亜鉛やビタミンなども摂取できます。適切な量を摂取していれば葉酸も亜鉛もどちらも摂取していることで先天性の障害リスクを抑制することができますからメリットも大きいです。葉酸は子宮内膜を強化して受精卵の着床をサポートする効果がありますので、過剰に摂取さえしなければ妊娠に良い効果をもたらします。

葉酸の過剰摂取について

葉酸の過剰摂取について

葉酸の特徴

葉酸は、その名の通り葉に多く含まれる栄養素で、ほうれん草やレタス、キャベツなどの野菜を食べることで摂取できます。

細胞分裂とDNAの合成に関わる新陳代謝や細胞分裂が活発な組織に必要なビタミンであり、細胞分裂をしながら成長していく胎児にとって、高い効果を発揮し、神経管欠損症など、胎児の先天性奇形の予防も出来ます。

過剰摂取で起こる副作用

葉酸は水溶性のビタミンなので大量に摂取してもすぐに体外に排出されてしまい、過剰摂取になることはほとんどありません。

しかしいくら摂取しても問題ないというわけではありません。葉酸は大量に摂取しすぎると、食欲不振や吐き気、不眠症などの副作用を発する場合があります。

効果の高いものだからこそ正しい摂り方をして、母子ともに健康でいられるように努めることが大切です。

葉酸は水溶性ビタミン

葉酸は水溶性ビタミンです。ですから、ほとんどの場合、少し多めに摂取をしたくらいならば体内の水分と一緒に尿として排出されます。毎日ずっと大量に摂取しているわけでなければすぐに副作用が出てしまうということはありません。ちなみに葉酸が尿として排出されていると、尿の色に変化が出てくることがあります。

例えば、尿の色がそれまでよりも濃い黄色になってきたりもします。これは葉酸に含まれているビタミンB群が影響を与えているためです。よほど異常な色をしていなければ少し濃い色になったとしても気にし過ぎる必要はありません。

ただ尿の色が濃くなったということは葉酸が体外に排出されてしまっているということなので、過剰摂取してしまっていることもありえるということですから、一日に飲んでいる葉酸の量がどれくらいなのかということを改めて確認してみると良いです。尿が黄色くなる原因としては水分不足の時にもそうなることがありますので、必ずしも葉酸が原因とは限りません。その日の自分の摂取した水分量などもちゃんと確認しておきましょう。

葉酸を摂取する場合、一番簡単で毎日の摂取量を確認しやすいのはサプリメントですので、サプリメントを摂取する場合は十分な水を飲むようにするのがいいです。

葉酸の過剰摂取でビタミンB12欠乏症がわからなくなる

葉酸を大量に摂取することで、ビタミンB12欠乏で併発した神経障害等を回復しないまま、巨赤芽球貧血が改善されてしまうため、ビタミンB12欠乏症の障害がわかりにくくなる可能性があります。

出典:ビタミンB12 | 海外の情報 | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業

妊娠中の葉酸の過剰摂取と喘息について

妊娠中の葉酸の過剰摂取と喘息について

葉酸サプリメントが喘息の原因?

妊娠中におなかの赤ちゃんに、先天性の奇形が起こらないように、葉酸を摂ることを勧められていることはご存じですか。

実際に葉酸を勧められて、積極的に摂っている人も多いかと思います。しかし最近、学会の発表で、妊娠中にたくさん摂ると、小児喘息になる確率が高まることがわかりました。

特に妊娠後期に摂りすぎると、喘息を発症する確率も高くなるようです。さらに葉酸を食品からではなく、サプリメントから摂った人の方が、発症率はさらに上がることがわかりました。

葉酸サプリメントの摂り方

妊娠中に葉酸をとらなかった人と、サプリメントでたくさん摂取した人とでは、小児喘息発症率は約3倍増加します。

しかし、合成サプリではなく食品から精製したサプリや、食品から葉酸を摂った人の発症率は低いことがわかっています。

また、葉酸は赤ちゃんの奇形を予防する効果があることは確かなので、摂る時期に気を付けると良いです。

妊娠をする前から初期には摂るようにし、妊娠16週以降の後期からは摂らないようにし、出産後にまた摂るようにするのが理想的です。

サプリメントの場合、飲み忘れたとしても忘れた分を飲んだり、たくさん服用しないように気をつけなければいけません。

できれば、サプリメントは自然系の生成方法で、無添加のものを摂るようにした方が、小児喘息への影響は少なくなるでしょう。

葉酸の摂り過ぎによる頭痛などの副作用

葉酸の摂り過ぎによる頭痛などの副作用

葉酸で流産の確率を最小限に

葉酸には正常なDNAを形成する作用があるといわれています。そのため、妊娠中に葉酸を摂取することは流産の予防に効果があるとされています。

なぜならば、流産をしてしまう原因のひとつに胎児の染色体の異常があるからです。葉酸を摂取することによって流産の危険を完全に回避することはできませんが、流産してしまうリスクを最小限のものにすることができます。

そのため、妊娠をする前の段階や妊娠初期に適度な量の葉酸を摂取することは健康な赤ちゃんを産むために大切なことです。

葉酸サプリは必要摂取量を守ろう

本来であれば葉酸は日常の食事から摂取するのが好ましいのですが、必要とする量のすべてを日常の食事から摂取するのは困難なことです。

日常の食事から摂取をする場合、身体に吸収される量は非常に少量であるので、必要量を摂取するには大量の食事をしなければならなくなります。

そのため、サプリメントなどの健康食品の助けを借りることになりますが、摂取をするときには適量を心掛けるのが大事なことになってきます。

なぜならば、度をこした量の摂取は頭痛や貧血などの副作用を引き起こしてしまう恐れがあるからです。そのため、サプリメントなどの健康食品を利用する際にはあらかじめ決められている用量を守ることが大事です。

先輩ママの友子さん
飲めば飲むほど効果があるわけではないので、ほどよく摂ることが大切です。

葉酸摂取によるじんましん

葉酸摂取によるじんましん

過剰摂取による副作用

食品から摂取する葉酸は、水・熱に弱いため尿や排便時に排出されてしまいます。そのため、葉酸を多く含む食品を摂取してもその吸収率は50%以下と少なく、過剰摂取になることはありません。

でも、吸収率が悪いため妊婦さんには食品以外にもサプリメントなどで補う必要がある栄養素になります。

しかし、過剰摂取してしまうと副作用などもあるので注意が必要です。

産婦人科や厚生労働省でも発表がされていますが、今現在で分かっている副作用と思われる症状は以下のとおりです。

  • 発熱を伴うじんましん
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 吐き気
  • 紅斑(毛細血管が拡張したことによって皮膚に赤い斑点が引き起こされる症状)

葉酸は既定の量を守ることが大切

妊娠初期や妊娠中には必要なビタミンの葉酸ですが、過剰摂取してしまうとさまざまな健康被害を生じてしまい、おなかの赤ちゃんにも被害を与えてしまうことにもなりかねませんので、規定の量を守ることが大切です。

しかし、貧血予防、免疫力アップやシミそばかす改善などのあらゆる主作用もあります。不足してしまうと、貧血や神経障害、胃潰瘍など、おなかの赤ちゃんにも神経障害が生じると言われています。

毎日の食事で葉酸を摂取し、サポートの役割でサプリメントをとるようにします。

葉酸が原因で起きる貧血

葉酸が原因で起きる貧血

葉酸が原因で起こる貧血の仕組み

貧血と言えば鉄欠乏性貧血を普通は思い浮かべますが、それ以外の原因でもおこります。

その代表的な物のひとつに葉酸欠乏症が原因となり、DNA(デスオキシリボ核酸)の合成が阻害されて、正常な赤芽球が産生されず、巨赤芽球が作られることによって起こります。

赤血球は作られるのですが、正常な赤血球でないために、酸素を運ぶ能力、形だけの大きい赤血球が作られ、顕微鏡検査で、普通発見されます。

葉酸以外の栄養素が原因の貧血

このような悪性貧血になる原因は葉酸の他にビタミンB12でも起こります。医師は、顕微鏡下に巨赤芽球を見つけた場合、血液中の葉酸とビタミンB12の濃度を測って、どちらの不足が原因が調べます。

巨赤芽球貧血の原因の97%はビタミンB12不足によるもので、そのうち60%が胃の粘膜の委縮による内因子の不足で、この場合はビタミンB12を注射する事で治療できます。

その内の葉酸の欠乏によるものが2%ほどあり、これは経口投与することで約1~2カ月で回復します。

サプリだけに頼らない心がけ

このようなことがおきないように賢く葉酸のサプリを利用するのもいいですが、食事(牛、豚、鶏のレバーやほうれん草とかモロヘイヤとか枝豆とか春菊に多くふくまれていますので)からの摂取も心がけておくといいのです。

葉酸によるむくみの原因

葉酸によるむくみの原因

葉酸のあらゆるメリット

葉酸は妊婦にはとくに大切な栄養素とされていて、水溶性のビタミンB群の一種なので、ほうれん草などを積極的に食べていると鉄分と同時に摂取することができるので効果的です。

基本的には植物に多く含まれている成分なので妊娠をしたら野菜を多めに食べることで十分な量を摂取することができます。

葉酸はビタミンB12といっしょに働くので同時に摂取すると効果的で、赤血球の合成やアミノ酸やタンパク質を作る働きがあります。

むくみが出たら過剰摂取かも?

また皮膚の粘膜強化や口の中の粘膜の強化をする作用があるので、口内炎で悩んでいる妊婦は積極的に摂取することで治りを早めることができます。

葉酸が不足すると貧血や食欲不振、口内炎などの原因になるのですが、とくに妊婦の場合は妊娠の初期に胎児の細胞分裂が盛んに行われるので、胎児の体が作られている時期に十分な葉酸を摂取しておかないと栄養不足で胎児の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

この栄養素は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取したとしても腎臓から体外に排出されるのですが、サプリメントを服用している場合は過剰に摂取してしまうことが多いので、むくみなどの症状が出た場合にはサプリメントの量を減らすなどの対処が必要です。

葉酸は妊娠希望をしている方や妊娠中、産後も授乳をしている時などには積極的に摂取しておいたほうが良いとされています。厚生労働省も葉酸をなるべく摂取するようにと推奨しているほど妊娠に深い関わりがあるものなのです。

しかし葉酸をたくさん摂取すれば効果がそれだけ高くなるのだと考えている人もいますが、実際には葉酸の過剰摂取をすることによって副作用が出てしまうことがあるということがわかっており、大量に摂取すれば良いというものではないということもいわれています。

もちろん積極的に摂取することは良いことではあるのですが、毎日継続的に摂取をするのですから、副作用が出ないようにするためにも一日の目安量を必ず守るようにしておくほうが良いでしょう。

 

 

 

葉酸を手軽に摂取できるサプリメントと注意点

葉酸を手軽に摂取できる葉酸サプリメントについて簡単に紹介しておきます。

葉酸サプリメントにはどのようなものがある?

ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリといえばベルタといわれるほどとても人気の高い葉酸サプリで、1日に必要な葉酸の摂取量である400μgをしっかり摂取することができます。27種類のビタミンやミネラル、鉄分も配合されています。天然型酵母葉酸を使っているのが特徴です。

・プレミン
吸収力が高い合成葉酸を1日400μg摂取することが可能で、9種類のビタミンやミネラル、そして鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄の両方を配合してあります。厳しいチェックを受けて製造をしているGMP認定工場よりさらに厳しい条件でチェックをする「NSF GMP認定工場」で作られているのも安心して飲むことができる理由です。

ララリパブリック
5つの基準をクリアしている葉酸サプリで、1日に400μgの葉酸を摂取することができます。3種類のビタミン類に鉄分、カルシウム、そして国産野菜パウダーが配合されています。定期購入をする場合には3000円弱で買うことができますが、購入回数の縛りなどは全くないことから、もし体質に合わないなどがある時にはすぐに定期購入をやめることができるので安心してお得な定期購入を買うことができます。

はぐくみ葉酸サプリ
レモンから抽出した天然葉酸サプリを100μg、合成葉酸が400μgと合計で500μgの葉酸がたっぷりと配合されています。また天然のビタミンCを豊富に含んでいるアセロラエキスやカルシウム、ミネラルを豊富に含んでいるサンゴカルシウムなども入っています。定期購入ですと1か月あたり2000円ほどで購入できるのがうれしいサプリです。

mitete
女性100人の声から生まれたサプリがこのエーエフシー(AFC)葉酸サプリ「mitete」です。ビタミン3種類、鉄分、カルシウムなどが葉酸と共に配合されています。合成葉酸を使っており、しっかり葉酸を摂取することができます。まとめ買いをすることができ、1か月分のみ買うことができる他、3か月分まとめて買ったり、6か月分まとめて買うこともできます。

パティ葉酸サプリ
農薬不使用の野菜13種類から400μgの葉酸を摂取することができます。また210mgのカルシウム、15mgの鉄分、15種類のビタミンやミネラルなどを摂取することができます。定期購入はもちろん、3か月分まとめて購入することができます。天然葉酸使用なので安心して摂取することができる一方で、合成葉酸よりは吸収率は落ちます。ただ妊娠中に必要な他の栄養素も摂取できるメリットがあります。

美的ヌーボ プレミアム
100%天然の成分を使って作られているサプリで、葉酸を400μg、27種類のビタミンやミネラル、天然マグロ由来のDHAとEPAも配合されています。DHAやEPAも妊娠中には欠かせないものだとされていますので、バランスよく栄養を摂取できるのがメリットです。

オーガニックレーベルの葉酸
103種類の野菜や果物、40種類以上の天然の栄養素を配合してあり、特に注目したいのは海外セレブの間でも注目されているスーパフードの「キヌアスプラウト」が使われているという点です。このスーパーフードだけでも400μgの葉酸とビタミンB類を摂取することができます。

イソラコン
このサプリはイソフラボンと葉酸が配合されているもので、葉酸に関しては400μgの合成葉酸が使われています。妊娠中に必要な栄養素であるビタミンB12は入っていますが、ビタミンCやB6などは配合されていない点が気になる部分です。ただ定期購入をしても2回目以降に体に合わないと感じた場合にはすぐにやめることもできるのが良い点です。

美人通販の葉酸
産婦人科病院出身の管理栄養士が商品開発に携わっていることからも頼りにできるサプリで、葉酸含有酵母を400μg摂取することができます。さらにアグリコン型イソフラボン、ベビーコラーゲン、ビオチンなども摂取することができます。妊娠中に必要な成分としては鉄分が含まれています。

こちらのページでは50種類の葉酸サプリを比較していますので、一度ご確認ください。

葉酸サプリメントのおすすめ人気ランキング

葉酸サプリを飲むのであれば継続しよう

葉酸は過剰摂取することで副作用が出てしまう可能性はありますが、妊娠希望の場合や妊娠中、授乳中などには必ず必要となってくる成分です。そのため、食事だけではなく、必要となる成分もしっかり摂取することができるサプリを飲むのがおすすめです。ただ葉酸に関しては水溶性ということもあって摂取しても100%吸収できるわけではありません。ですから、毎日摂取を続けて足りない葉酸を補ってあげる必要があります。

サプリには配合してある葉酸の配分量もしっかり書かれていますので、摂取する量を判断する目安になります。過剰摂取をしないためにも、葉酸を必要量摂取するためにもサプリは非常に便利だといえます。ただ1日飲めば良いというものではなく、継続しなければ葉酸の場合は欠乏症になる可能性も出てきますので、とにかく妊娠希望をしている方、妊娠中や授乳中の方は積極的に毎日飲むようにしたほうが良いでしょう。

葉酸サプリには天然素材のみを使ってある天然葉酸を使っているものがありますが、天然葉酸は合成葉酸と比較して吸収率が少し落ちるため、安全性を重視するか、吸収率を重視するかを選ぶ必要があります。もちろん合成葉酸も厳しいチェックをクリアしたものばかりが販売されているわけですから安心して飲むことができます。

サプリを選ぶ時はビタミンAの過剰摂取に気をつけよう

葉酸のサプリメントを購入する際に気をつけてチェックしておきたいことに、葉酸と共に配合されていることも多いビタミンAの配合量がどれくらいあるのかということがあります。ビタミンAは妊娠中に過剰摂取してしまうと胎児が奇形になりやすいので、食事とサプリメントをあわせて1日の摂取量は3000μgが上限ということを意識しながら摂取するのが良いです。

ちなみにビタミンAというとレチノールやβカロテンの2種類があります。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので葉酸とは違って体内に蓄積されやすく、摂取し過ぎることで過剰症になりやすいのです。過剰摂取すると脳圧が圧迫されるので頭痛や吐き気、嘔吐、めまいなどが起きやすくなりますし、長期間過剰に摂取すると全身の関節や骨などの痛みにつながってしまいます。妊婦が過剰摂取すると胎児の耳の形成異常が起きたという報告が出ています。特に妊娠初期である3か月頃までは過剰摂取をしないようにしないといけません。

ビタミンAの2種類あるうち、βカロテンに関しては体内で必要な分のみがビタミンAに変換されるので心配ないのですが、もう一つのレチノールの過剰摂取をしないように気をつけておくと良いでしょう。

海外製のサプリには注意を

葉酸のサプリメントを購入する時には海外製のサプリの場合、要注意です。海外製のサプリは日本製のものよりも1日の目安摂取量が多いので、そのまま目安量を飲んでしまうと過剰摂取になってしまうことがあるのです。例えばアメリカ産の葉酸サプリですと1日の摂取目安量は800μgとなっていることがほとんどで、日本の葉酸サプリは1日400μgほどになっていますので、アメリカ産のサプリを摂取すると2倍もの量を摂取することになってしまいます。

アメリカ産のサプリは粒も日本のものと比べると大きめになっていますので少し飲みにくいという点や過剰摂取をする可能性が高いという点を除けば、日本よりも成分表示をはっきりと書いてありますから安心して飲むことができるというメリットがあります。パッケージを見ることで入っている細かな成分についてもハッキリと知ることができるのは安全なサプリメントを選ぶという意味では非常に良いことです。

ただ海外製のサプリは届くまでに時間がかかりますし、言語がわからなければ偽物が届いてもわからないまま飲んでしまうことも考えられますので、いくら成分が詳しくわかったとしても困ることもでてくる可能性があります。

葉酸の摂取量・取る時期などのまとめ

結構長くなってしまいましたが、再度、大事なポイントを振り返っておきましょう。

妊娠中の葉酸の一日の摂取目安量は400μg

過剰摂取を防ぐためには一日にどれくらい摂取するのが目安なのかということを知っておく必要があります。妊娠中の摂取目安量は厚生労働省が推奨しているのが400μgとなっています。成人している妊娠を希望していない男女の摂取目安量がおよそ200μg(0.2mg)ですが、妊活を考えている場合は1日400μgを摂取するようにしたほうが良いでしょう。最低でも妊娠する1か月前から妊娠3か月頃まではその量を毎日摂取するようにしたほうが良いと推奨されているのです。

これは胎児の正常な成長をサポートするためで、特に神経管閉鎖障害にならないためにはこの時期に葉酸をしっかりと摂取しておくほうが良いという結果が出ているのです。逆に葉酸の過剰摂取となる目安量は1日に1000μg以上を摂取してしまうことです。気をつけておきたいのは海外の場合、1日の摂取目安量が日本よりもかなり多めになっているということです。その量を摂取してしまうと過剰摂取になります。

日本人と外国人ではそもそも体格や体質も違いますので効果的となる量も違います。ですから、参考にする場合は海外の目安量ではなく、必ず日本人に合っている摂取目安量を飲むようにしましょう。

厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸の摂取

厚生労働省は1日に400μgほどの葉酸の摂取を推奨していますが、葉酸には2種類あるのをご存知でしょうか。サプリメントに含まれているのはモノグルタミン酸葉酸もしくは合成葉酸といいます。逆に食べ物に含まれている葉酸はポリグルタミン酸型葉酸もしくは天然葉酸と呼ばれています。食べ物に含まれているポリグルタミン酸型葉酸は体内に取り入れられると消化酵素によって分解されてモノグルタミン酸型葉酸になるのです。

そして厚生労働省が摂取している葉酸はモノグルタミン酸型葉酸のほうです。理由としては食べ物に含まれている葉酸は利用できる量が一定ではなく、胎児の障害となる神経管閉鎖障害のリスク低下に関しても科学的な根拠がわかっていません。しかしモノグルタミン酸型葉酸に関してはその効果についてもしっかり証明されていますので、葉酸を多く含んでいる食べ物とサプリメントを併用するのがベストだといわれています。

サプリメントを選ぶ時には配合されているのが天然葉酸か合成葉酸かということをきちんと確認してから購入するようにしたほうが良いです。吸収率が違うため、やはり合成葉酸の配合されているサプリメントを選ぶのが良いです。

葉酸は男性も摂取しておこう!男性は1日240マイクログラム

葉酸は女性だけではなく、男性にとっても良い効果を発揮します。子供を望んでいる男性は特に葉酸を積極的に摂取したほうが良いです。葉酸を継続的に摂取することで正常な精子を増加させる効果があります。葉酸には正常な精子の生成をすることに深い関わりを持っており、不足すると精子の細胞分裂や増殖が正常に行うことができなくなって染色体異常をもった精子が増えてしまう原因になるのです。

男性の不妊にも効果があるとされており、実際にオランダで行われた試験によって亜鉛と葉酸の両方を26週間摂取し続けたことにより、健康な男性はもちろん、不妊の男性も正常な精子の数が増加したのです。男性が摂取したほうが良いとされている葉酸の1日の摂取量は240μgとされています。女性は直接おなかの中で赤ちゃんを育てていくことからたくさんの葉酸を必要としますので、男性より多い量を毎日摂取したほうが良いです。

240μgほどであれば栄養バランスのとれた食事を毎食食べていれば比較的簡単に摂取できるものだといわれていますが、最近は男性向けのサプリメントなども葉酸や亜鉛のものが販売されていますのでそういうものを利用するのも良いでしょう。

食べ物だけで過剰摂取にはならない

葉酸を豊富に含んでいる食べ物はいろいろとあります。納豆やアボカド、ほうれんそう、レバーペースト、うなぎの肝などがあります。こういった食べ物に含まれている葉酸は「天然葉酸」と呼ばれており、非常に水に溶けやすい性質です。調理をしている過程でせっかくの葉酸の成分が失われてしまうこともよくあります。そのため、葉酸を豊富に含んでいる食べ物をたくさん食べたとしても過剰摂取になってしまうということはありません。食べ物から摂取できる葉酸の量はそのまま生で摂取することができる量と比較して50%ほどしかないといわれています。

ですから、妊活中や妊娠中に食べ物だけで葉酸を摂取しようと思ってもそれはとても難しいということになります。食べ物だけで一日に必要な摂取量をとるためにはかなりの量を用意しなければいけなくなります。そういった意味では一日に摂取できる葉酸の量をきちんと把握することができるサプリメントはとても良いものだといえます。また、サプリメントで使われている葉酸は「合成葉酸」と呼ばれるもので、天然葉酸よりずっと吸収率が高いです。その吸収率は配合されている量のおよそ80%ほどだとされています。

葉酸の摂取量が少ないと欠乏症になってしまう

葉酸を過剰に摂取することは副作用が起きやすくなるため、適切な量を摂取することが大切です。とはいえ、過剰に摂取してはいけないからといって目安量より少ない量しか摂取していないと葉酸欠乏症になってしまうことがあり、過剰摂取の時とはまた違った症状が出てしまいます。

欠乏症による症状は貧血、胎児の障害のリスクが高まる、認知症、口内炎や胃潰瘍など粘膜系の症状が出てくるといったものがあります。欠乏症になってしまう原因としては普段から摂取している栄養が低いということ、アルコールの過剰摂取、そして妊娠中の場合は胎児にも栄養を与えているため、体内が葉酸不足になりやすいという状態になります。

欠乏症になってしまった時には積極的に葉酸を多く含んでいる食事を食べる他、葉酸のサプリメントを摂取することを継続することで少しずつ改善してきます。そしてアルコールを過剰摂取しないように気をつけるということも大事です。妊娠希望している時や妊娠中はアルコールを控えるという方は多いですが、時々であれば飲み会などに参加するのも大丈夫ですし、適切な量を守れば葉酸に影響を与えてしまうような状態にまでなることはありません。ポイントは「適切な量」ということなのです。

過剰摂取で赤ちゃんにも悪影響が起きることも

葉酸を1日の摂取目安量よりもかなり多めに摂取してしまうことで起こる可能性がある副作用として、赤ちゃんが生まれた時に喘息になりやすくなるということがあげられます。オーストラリアの研究結果で、妊娠30週から34週頃に葉酸を過剰摂取していた妊婦から生まれた赤ちゃんが喘息になる確率がなんと25%も上がってしまうということがわかっています。

この過剰摂取というのは合成葉酸を妊娠後期に1日あたり1000μg以上摂取するということなので、普通に適切な量を飲んでいるだけであれば特に何か副作用が起きてしまうということはほとんどないので安心です。後期は初期に比べると1日に摂取したほうが良い目安量というのは少なくなりますので、そのあたりをきちんと調整して飲むようにすれば過剰摂取となってしまうこともないでしょう。

ですから、妊娠後期でしたら食事だけでも栄養バランスを考えて作ったものであれば一日に必要な葉酸はちゃんと摂取することができますので、サプリメントで摂取するまではしなくても大丈夫だといわれています。ただ食事だけで必要な葉酸の量を摂取できている自信がないのであればサプリメントを摂取するようにするのも良いでしょう。

葉酸はいつまで飲んでおくほうがいい?

葉酸は妊娠を望んでいる場合、少なくとも妊娠する1か月前には飲んでおくようにしたほうが良いとされています。そして胎児の細胞分裂が盛んに行われる妊娠3か月頃までは飲んでおくほうが良いです。この時期は特に葉酸を積極的に摂取しておく必要があるといわれている時期です。

中期から後期にかけては初期ほど多く摂取する必要はないとされてはいるものの、中期であれば流産のリスクを低減したり、貧血や早産の予防、妊娠中毒症の予防などに良いですし、後期は貧血の予防や免疫力アップ、消化管機能の向上といった効果を得ることができるため、妊娠中はずっと飲み続けておくほうが良いです。

産後には授乳をするのでやはり良質な母乳を作るために葉酸を摂取しておくのがおすすめです。授乳中に摂取する葉酸の量は1日あたり340μgほどとされています。葉酸には造血作用があるので母乳分泌促進効果の他にも産後の子宮回復効果や疲労回復効果、産後うつの予防といった効果を期待することができます。母乳を通じて赤ちゃんに栄養を与えることができるため、授乳中にはしっかり造血をしておく必要があります。

妊娠後期に飲んでおくと血中のホモシステイン濃度が減るということがわかっており、これが減ることで流産のリスクが減り、胎児の発育にも良いとされています。