飲む前に注意!葉酸の効果、効能とは?

飲む前に注意!葉酸の効果、効能とは?

あなたは葉酸という言葉を聞いたことがありますか?

ここでは便秘やうつにも効果的とされている葉酸を摂取した場合の効果や効能、副作用や摂取量についてについてまとめてみました。あなたも自分の目的や身体の悩みに合わせて葉酸を摂取してみませんか?

 

 

葉酸の効果について

葉酸の効果について

葉酸の成分と効果効能

葉酸は、ビタミンB群のひとつとなっており、水溶性のビタミンです。ほうれん草の葉に多く含まれていて、細胞分裂やDNAの合成に関わる重要な成分です。

葉酸の効果効能は、神経管欠損症などの胎児の先天性奇形を予防することができたり、心臓病の予防効果や癌、貧血、母乳を出やすくするなどの様々な効果があります。

葉酸は、主にほうれん草やブロッコリー、レタス、キャベツなどに含まれています。緑黄色野菜や葉物野菜に含まれており、ビタミンB6、B12、ビタミンCなどの相互作用で効果をアップすることが可能です。

葉酸と一緒にビタミンを摂って相乗効果

ここで、注意しなければならないのが、葉酸だけで補うよりビタミンがないと十分な栄養を身体に補うことができないという点です。

葉酸だけでなくバランスの良い食事をしビタミンやミネラルも上手に摂っていくことが大切です。

しかしながら、熱や保存に弱い成分でもあるので、身体の中に取り入れる際には注意しなければなりません。最もおすすめなのがサプリメントです。

現在、数多くのサプリメントが販売されており、自分の目的や身体の悩みに合わせて取り入れることができます。

安心安全のサプリメントであれば、副作用の心配もなく、妊娠中の方でも安心して服用することが可能です。

葉子さん
サプリなら、葉酸と他のビタミンも入っているもの選べばいいから安心。

葉酸の効能について

葉酸の効能について

葉酸で得られるメリット

加齢や生活習慣の乱れなどが原因で、健康が気になっているという人は多いでしょう。

中にはランニングやウォーキングといった運動を行っている人もいるでしょうが、やはり健康にとって大切な栄養素を摂取することが大切です。そんな栄養素の一つに葉酸と呼ばれるものがあります。

葉酸は身体の細胞が作られるときになくてはならない栄養素で、胎児の成長を助ける働きがあるので、妊娠中の女性にとっては特に大切な栄養素です。

葉酸が不足すると正常な赤血球が作られなくなり、悪性の貧血の原因になります。正しく摂取することで赤血球の合成を助け、悪性の貧血を防止することが出来ます。

葉酸でリスク減、メリット増の効果を得る

その他にもアミノ酸の合成やタンパク質の生成と促進作用、さらに皮膚や口内の粘膜を強化による口内炎や舌炎の予防などの効能があります。

ただし過剰に摂取すると食欲不振や吐き気、不眠症などの副作用が出る場合があるので注意が必要です。

葉酸を正しく摂取することでこうした副作用を最小限に抑え、健康な身体を作るうえで大切な効果を最大限に得ることが出来ます。

ポイント
妊活中や妊婦さんだけではなく、普段から葉酸を摂る事で防げる病気もあるので不足しないように心がけましょう!

葉酸サプリを摂取する効能について

葉酸サプリを摂取する効能について

葉酸の特性と摂り方

「葉酸」は、妊娠している字余生に欠かせない栄養素として、最近注目されています。葉酸は、ビタミンB群の一種で水溶性のビタミンです。

葉酸の摂取で、神経性管欠損症などの胎児の先天性奇形の予防や心臓病の予防、肺がんや子宮がんの予防、貧血を予防できる可能性が高まります。

ほうれん草やキャベツ、豆類、レバーなどの食品に多く含まれていますが、水溶性ビタミンなので熱に弱く、一日の必要摂取量を取るのは難しいとされています。

葉酸を効率よく摂取するには、葉酸サプリなどで摂取することが望ましいといわれています。

葉酸の欠乏で起こるリスク

水溶性のため、過剰摂取の心配はほぼありませんが、亜鉛の吸収率の低下やビタミンB12不足の発見が遅れるなどが見受けられることはあります。

葉酸が欠乏すると、細胞分裂が正常に行われなくなり、神経管欠損症のリスクが高まったり、重度の貧血を引き起こすので、妊娠を考えておられる女性は、妊娠前からしっかりと葉酸サプリなどで一日の必要摂取量を満たすことができるように心がけましょう。

そして、葉酸は、単独で摂取するのではなく、他のビタミンBやビタミンCとの相互作用で働き、効果を発揮するので、バランスよく栄養を取ることが重要です。

葉酸の効果・副作用と摂取量の目安

葉酸の効果・副作用と摂取量の目安

葉酸は人間にとって必要な栄養素

葉酸は人間にとって必須の栄養素です。その主な働きは、細胞分裂の際に重要な核酸の生成を助けることと、悪性貧血を予防することです。

人間の身体は、成長期は勿論、成人であっても日々新陳代謝が行われており、細胞分裂が繰り返されて新しい細胞が生み出されています。

そのため、葉酸は人間が生きている限り必要な栄養素なのです。従って、日々の食事で摂取することが重要です。

葉酸摂取量の目安

一般的に、推奨される葉酸の摂取量の目安は、男性や妊娠していない女性の場合1日当たり200μg、妊婦の方は1日当たり440μg、そして出産後も赤ちゃんに授乳している期間は1日当たり340μgです。

葉酸を過剰に摂取するとどうなる?

但し、いくらでも摂取して良いというものではなく、1日当たり1000μgを超えて摂取すると、過剰摂取となって副作用を発症することがあります。

葉酸を過剰摂取した場合に発症する副作用としては、不眠症になったり、消化器の不調として食欲不振や吐き気を覚えることがあります。

アレルギー反応が起こる場合もあり、皮膚が赤くなったり、痒くなったりする場合もあります。

調理中に20%から40%程度が熱等によって溶け出すため、緑黄色野菜などの食べ物によって葉酸を摂取する場合には、過剰摂取量まで達することは殆どありません。

したがって、副作用の心配は殆どありませんが、サプリメントで摂取する場合には比較的容易に大量に摂取することが可能ですので、過剰摂取に注意が必要です。

「μg」ってなに? 重量の単位。「マイクロ」は、「100万分の1」を意味します。1mgが1000μg(マイクログラム)で、400μgは0.4mgです。

葉酸は便秘に効果があるのか?

葉酸は便秘に効果があるのか?

葉酸が腸内環境をよくする

葉酸は、その名の通り、葉に多く含む成分で、ホウレンソウの葉から初めて発見されました。

この成分は、細胞分裂や、DNAの合成に大きく関連する成分で、妊娠中の胎児の成長などに大きな影響を与えるため、妊娠中の摂取量は多めに摂る事必要があり、とても重要な成分です。

葉酸は、高い抗酸化作用をもっており、粘膜を強くする効果もあることから、腸内環境を整えてくれる効果があります。

それにより、便秘になりやすい妊娠中の女性などに特に便秘解消・改善に役に立ちます。

また、葉酸は、赤血球を作るために不可欠なビタミンでもあります。血液がたくさん作られることで、それだけ細胞分裂も盛んになり、内臓の代謝も良くなります。

代謝が良くなるという事は、臓器が元気になるという事を意味しています。それにより、腸も健康になっていき、それにより、腸の動きもよくなるので、便秘の解消にも繋がります。

葉酸の必要摂取量を摂るために

葉酸は、必要摂取量を摂るにも、多くの野菜を食べなければいけないため、1日の必要摂取量を毎日摂るには困難です。そのような場合はサプリメントで摂取すると良いでしょう。

また、サプリメントの中には、食物繊維も配合されているものもあるので、葉酸と食物繊維の相乗効果も望めるので効果的です。

葉酸がうつに効果がある

葉酸がうつに効果がある

深刻になりやすいうつ病の症状

うつになると本人や家族、知人も辛くなります。うつの症状は様々で、物事に前向きになれず何をしていても楽しくない、強い不安や悲しみがある、自尊心がなくなる、やる気が出ない、何にも興味がなくなるなど精神的な症状が出てきます。

また、身体的にも睡眠障害、食欲不振や過食、胃腸の不調など様々な症状がみられるようになります。

症状が進行すると自傷行為など危険な行動に出ることがあるので、症状が軽いうちに早めの対策が重要です。

うつ病の改善に葉酸が注目されている

うつ病の症状を改善するのに葉酸が注目されています。患者の8割以上の方が葉酸が不足しているとの研究報告もあります。

葉酸は、ビタミンB群に属していてビタミンM,ビタミンB9と呼ばれることもあり、貧血防止や身体の細胞を作る時に欠かせない栄養素です。

葉酸は脳の神経系を保持する働きがあり、そのため気分をリラックスさせ落ち着かせる効果があるといわれています。

うつ病に効果がある葉酸は、果物、緑黄色野菜、豆類、レバーなどに多く含まれていますが、水に溶けやすく熱に弱いという特徴があります。

生で食べられるものは、熱を加えないで食べることで摂取しやすくなります。また、食事からだけでは毎日摂れない場合、サプリメントを利用することができます。

男性が葉酸を摂取した場合の効果

男性が葉酸を摂取した場合の効果

女性が葉酸を摂取するメリット

葉酸を摂取することは今や妊娠中の女性にとって常識とも言われていることです。妊娠中の女性が摂取することによりお腹の中の赤ちゃんの細胞分裂を助ける作用を持ちます。

また、妊娠を希望しているカップルにも葉酸は大切なものです。妊娠はお互いの協力なくしてはできないことです。

冷え性などに悩む女性は多いと思われますが、摂取することにより体の血流を良くする効果があります。また、内臓をあたためると子宮の冷えを防ぎ、受精卵が着床しやすくなります。

男性が葉酸を摂取するメリット

男性が摂取すると、細胞分裂にトラブルを起こしかねない染色体異常の可能性のある精子を減少させる効果をもちます。

一般的な健康男性の精子にはおよそ1〜4パーセント程度染色体異常の精子がいるとされています。健康な精子が多いということはそれだけ健康な赤ちゃんを身ごもりやすいことにつながります。

妊活というと女性のイメージが強いものに思われがちですが、妊娠はカップル二人の問題です。

女性だけではなく、男性も同様にサプリを摂取することで、妊娠の喜びや苦労を分かち合ってみましょう。

先輩ママの友子さん
私も彼と一緒に飲んでたわ。二人で一緒に頑張ることが絆につながるかもね。

葉酸が子宮内膜に与える効果について

葉酸が子宮内膜に与える効果について

子宮内膜の強化が子宮に与える影響

葉酸はDNAの合成に関わり、新陳代謝や細胞分裂で必要になる、非常に重要なビタミンです。例えば、急激に成長する胎児や赤血球の製造、消化器官などで葉酸は必要になります。

厚生労働省が妊婦や妊娠を計画している女性に摂取を推進している葉酸ですが、子宮に非常に良い影響を与える成分です。

葉酸には、子宮内膜強化と子宮の血流強化といった働きがあります。子宮内膜というのは、受精後に着床して胎児の形成が始まるところです。

子宮内膜が厚ければ着床しやすくなり、薄い場合にはなかなか着床しにくいといわれています。また、着床したとしても、内膜が薄いと受精卵は守られず、定着しないまま流れてしまう可能性があります。

内膜が厚く強化されていることで、受精卵が守られ、定着率を高めることができると言われています。

葉酸は子宮内膜の血流もよくする

また、着床し、定着に成功したとしても、子宮の内膜の血流が良好でなければ胎児の成長が妨げられてしまいます。

着床して胎児の成長が始まった時に十分な血流があると、胎児も良好に成長することができます。

このように、葉酸は子宮や子宮内膜に非常に良い影響を与えます。そのため、妊娠を計画している時や妊娠後にはできるだけ早く摂取を開始すると良いでしょう。

葉酸と相乗効果が期待出来る栄養素

葉酸と相乗効果が期待出来る栄養素

葉酸と相乗効果があるビタミン

葉酸は、それだけを摂取しても体内で吸収しにくい栄養素なので、吸収を助ける相乗効果のある栄養素と一緒に取ることをおすすめします。それは、ビタミンB6ビタミンB12です。

ビタミンB6は、たんぱく質がエネルギーとして使われる過程で酵素を補う成分として働きます。不足すると、湿疹や貧血、アレルギー症状が現れます。

ビタミンB6を含む食品とビタミンB12の働き

B6と葉酸を一緒に取ると、動脈硬化や心臓病のリスクが低減します。多く含まれる食品は、にんにく、マグロ、牛レバー、かつお、鶏ひき肉、いわしなどです。

ビタミンB12は葉酸と共に赤血球中のヘモグロビンを生成して、神経細胞の機能を正常に保つ働きをします。

DNAの合成に必要不可欠な葉酸がきちんと効果を発揮する為に、ビタミンB12はなくてはならないものです。多く含まれる食品は、しじみや赤貝、すじこ、牛レバー、あさり、のりなどです。

色々な食材からバランスよく摂取しよう

牛レバー自体にも葉酸が沢山含まれているので、優良食品と言えるでしょう。

しかし、牛レバーにはビタミンAも多く含まれているので、毎日大量摂取するとビタミンAの過剰摂取になりますので、いくら良いからといって、毎日摂取するのは控えましょう。

色々な食材からバランスよく取っていくことがお勧めです。

葉酸の口コミを参考に効果を確認する

葉酸の口コミを参考に効果を確認する

葉酸の口コミをチェックするメリット

色々な健康食品が販売されている現状では、この葉酸という成分はあまり知らない人もいます。妊娠を経験した、女性なら医師から推奨されて葉酸サプリを服用する人はいます。

しかし、一般的にもはまだ認知度は低いように感じます。

この葉酸の特徴は、ビタミンBのひとつでになり妊娠期の女性の胎児の発育に神経管閉鎖障害のリスクを低下されることができます。そのために、厚生省でも母子手帳に服用を促すことを記載しています。

その葉酸の口コミを見てみるととても参考になります。口コミにあるのは、やはり妊娠をきっかけにこの成分を知った人が多くいることです。

そして、妊娠期間の栄養を考えると葉酸だけでなく、同時で不足しがちなカルシウムや鉄分も取れるものが人気になっています。

口コミで安心できる葉酸サプリを見つける

また、気になるのがその原料由来ですがやはり天然のものが安心できるという声がたくさんあります。普段の生活以上に、注意したいのがこの妊娠期間です。

自分のためでなく、お腹にいる胎児を中心に食生活も考えていきたいと思う人が多くいます。

そのために、少しでも自分でできるいい事は実践していきたいと考えています。妊娠中を、快適に元気に過ごすことができるのがこのサプリの効果です。

葉子さん
赤ちゃんのために少しでもいい選択がしたい!だってママだもん。