一体いつから始まるの?妊娠の初期症状について

あれ、もしかして……?

体調がおかしいような気がするし、生理がいつも通り来ない。そんな兆しが見えたら、「妊娠したかも?」という可能性が頭をよぎるかもしれません。

でも、妊娠をしたかどうかは、どのように気が付くことができるのでしょうか?

今回は、お腹の中に赤ちゃんが宿った場合に、私たちの体に起きる変化について紐解いていきましょう。

 

妊娠にはいつから気付くことができるの?

妊娠したかどうかは、できるだけ早く気が付けるに越したことはありません。

妊娠に気が付くことができたら、体への気の使い方や毎日の過ごし方、心掛けることなども、少しずつ変わっていくからです。

妊娠に際しての初期症状は、人それぞれでさまざまな現れ方があるものですが、その兆候が出始めるのはいつ頃からなのでしょうか?

 

妊娠の兆候はいつ頃からみられるのか

まず、妊娠にまつわる時期については、下記の通りに初期・中期・後期と分けられています。

  • 妊娠初期/妊娠2~4か月(4~15週)
  • 妊娠中期/妊娠5~7か月(16~27週)
  • 妊娠後期/妊娠8~10か月(28~39週)

一体いつから初期症状は始まるものなのか……と気にされる方も多いことでしょうが、これもかなり個人差があるものです。

多くの場合、妊娠して1か月半頃(妊娠5~6週目)の生理予定日1~2週間を過ぎたあたりから、何かしらの症状を自覚するようです。しかし、それ以前にも生理予定日頃から既に、胸の違和感や体温の上昇やだるさなどを兆候としてとらえることも。

また、それ以前の妊娠1か月(0~3週)までの間を、「妊娠超初期」と呼ぶ場合もあり、その間の違和感で気が付くことができるという場合もあるようです。

 

超初期症状とは何?

「妊娠超初期」という言葉は、妊娠0~3週までの間を指すもので、しかし正式な医学用語ではありません。

妊娠検査薬もしくは病院での検査によって、妊娠が明確になるよりも前の期間のことを意味することが多いようです。

そもそも妊娠の週数の数え方は、最終月経日から「妊娠0週0日」としてカウントを始めるものです。受精卵が着床してから数え始めるわけではないので、着床の段階ではすでに「妊娠3週目」になっていることになります。

そして、中にはその着床後すぐに、風邪のような症状や下腹部の痛みなどといった症状を感じたという人もいるのだそうです!

 

妊娠初期症状のいろいろ

妊娠初期に感じられる体の変化やサインは、生理前後に現れる体調不良などとも似ている部分が多く、気が付くのに時間がかかる場合も多いようです。

しかし、人それぞれである妊娠初期症状は、さまざまなケースやパターンを知っておくことで、自分自身の体の変化にも気が付きやすくなれる可能性が出てきます。

さまざまな兆候を、整理しご紹介していきますので、判断の参考にしてみてくださいね。

 

腹痛・下腹部痛・お腹の張り

妊娠超初期の段階から、腹痛や、チクチクと痛むような下腹部痛を感じるという人もいます。

この痛みの理由は、受精卵が着床時に感じる「着床痛」というものであったり、ホルモンの変化によって引き起こされる腹痛であったりとさまざまです。

これは生理痛に似ていることもあるので、なかなか判断が難しい部分かもしれません。

また、腹痛とまではいかずとも、お腹の張りを感じるようになるという人もいるようで、この時期は不快感や違和感を感じることもあるかもしれません。子宮やお腹が中で痙攣のようにぴくぴくしているというのも、妊娠のサインである可能性があります。

 

おりものの変化

おりものとは、膣や子宮の分泌物のことを総称して指します。おりものについては、妊娠初期の場合と生理前後の場合とで、特徴が異なるという場合が多いです。

  • 水っぽくサラサラになる
  • 量が増える
  • 色が茶色やピンクなどになる場合もある
  • 無臭である

このような特徴のあるおりもので、なおかつ「いつもとちょっと違う……?」と感じたら、妊娠の可能性を考えてみるべきかもしれません。

茶色やピンクなどの色の変化は、血液が混ざっている可能性があり、着床出血であると考えられます。

ただし、妊娠していない場合でも、生理によっておりものの変化は多少なりともあり得るもの。その状態から判断できるかどうかは、人によって差があるので注意が必要です。

また、おりものの量が増えるなどした場合は特に、必ずおりものシートなどを用いて、清潔な状態を保つようにしておいてください。

 

風邪のような症状

 

寒気や熱っぽさ、のどの痛み、くしゃみや鼻水などという、一見すると「風邪?」と思うような症状も、妊娠初期症状である可能性があります。

排卵期に体温が上昇して「高温期」になっていて、通常であれば生理が終わると共に「低温期」に戻るはずが、妊娠している場合はそのまま体温が高い状態が続きます。

この影響で、だるさや体が熱く火照って微熱のような感覚に襲われることもあるのですね。

生理が来ていないことに加えて、風邪のような症状が続くような場合は、風邪薬を飲む前に妊娠の有無を調べるようにしましょう!

 

着床出血

これは生理による出血と勘違いする人が多いこともあり、気付かずにやり過ごしてしまうケースがあるようです。

しかし、生理予定日よりも早めの時期であったり、通常よりも少量の出血だったりするのであれば、この着床出血という妊娠の兆候である可能性があります。

着床出血とは、着床時に受精卵が子宮の壁を傷つけることによって、不正出血するというメカニズムです。

これはすべての妊婦さんに起きるというわけではないので、それ以外のトラブルである場合も。注視しておき、気になる場合はすぐに病院に行ってみるようにしましょう。

 

だるさ・眠気・不眠

妊娠初期は、ひどい眠気に悩まされているという妊婦さんが多いようです。

何をしていても眠かったり、突然理由もなくだるくなってしまったり、このような症状もホルモン増加の影響である可能性が高いです。

黄体ホルモンというものは、妊娠初期に最も活発になります。このホルモンの影響で生まれるアロプロゲステロンが、睡眠薬と同じような作用を起こすことが原因です。

寝不足かどうかも関係なく、仕事や家事の最中にも眠気が襲ってくるということで、日常生活にも支障が出てくる場合もあります。車の運転や集中力を要する作業などは、このような症状が現れたら控えるようにしましょう。

逆に不眠に悩まされる場合もあるようで、たとえば夜に眠れないからなおさら、昼間には強い眠気に襲われてしまうといった悪循環に陥っていることもあるでしょう。

この症状が出る場合は、妊娠初期のしばらくの間は続く可能性が高いので、日中に仮眠を取ったり適度なウォーキングやストレッチなどを上手く取り入れ、気分転換をしてみてください。

 

胸の張り・違和感

触ると痛みを伴う胸の張りや、胸部の違和感乳房の色や様子がいつもと違うなど……。

このような症状も、妊娠の可能性と結びつくものです。生理前などもこのような症状を自覚する人は多いことでしょうが、妊娠をしてからの方が、これらが著しくなる場合がほとんどです。

これは、もうすでに体の方が、赤ちゃんへの授乳の準備を始めているからに他なりません。

本当につらい場合は、胸をサポートするためのブラもありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

情緒不安定

突然わけもなくイライラしたり、急に悲しくなって涙もろくなるなどの、激しい気分の浮き沈みは妊娠初期に顕著に起こることも。

自分でも思うようにコントロールできずにふさぎ込んでしまう、という人もいるようです。

この情緒不安定な理由も、黄体ホルモンです。体が大量に分泌される黄体ホルモンに慣れるまでは、このような精神的な症状も現れることがあります。

妊娠中期にかけて落ち着いてくることが多いので、あまり無理はせずに、でも不安になりすぎずに過ごすようにしましょう。

このような不安的な時期は、パートナーや周りの人にも理解してもらい、ある程度配慮してもらえると良いですね。

 

胃痛・胸やけ

なぜか胃が消化不良のようにムカムカしていたり、まるで二日酔いのような胸やけがある……。そんな症状も、妊娠の兆候かもしれません。

子宮が拡がることで、胃が圧迫されることが、胃痛や胸のむかつきなどの違和感に繋がっている可能性があります。またホルモンバランスの変化で食道付近の筋力が低下し、胃酸の逆流が起こることもあるようです。

プロゲステロンというものは胃腸の筋肉を緩める働きを持っており、妊娠すると分泌量が増えるため、胃腸の動きを鈍らせて消化不良や胃もたれなどに直結しているのです。

 

便秘・下痢・頻尿

妊娠初期は、便秘や下痢、おならが出やすいなどといった悩みを抱える妊婦さんが多いようです。

ホルモンバランスの影響で、腸の働きに変化が起きるという理由で、このような現象が現れることがあります。また、子宮が大きくなるにつれて、どうしても消化管が圧迫されてしまうという原因もあります。

便秘や下痢は、どちらか片方の場合もあれば、どちらも交互に現れるというケースもあるそう。

さらに、妊娠すると膀胱の働きが活発になることで頻尿になるという場合も。夜中に何度もトイレに行きたくなるなどの症状が続く場合は、不眠に繋がる可能性もあるため、深刻な時は医師に相談するようにしてください。

 

めまい・失神・貧血

妊娠とともに、低血糖や低血圧、貧血などが影響すると、めまい失神の症状が出ることがあります。

このような場合は、できるだけしっかりと水分や食事を摂ることを心掛けるようにしてください。

危険なのは、めまいや失神そのものよりも、それによる転倒です。

立ち眩みなどが気になる場合も、体に無理を強いることはやめて、安静にするようにしてください。

 

むくみ

むくみの症状も、妊娠時に顕著になるものです。

体重の変化はわずかであっても、人から「太った?」と指摘されたり、自分でも「最近むくみがひどい……」と感じるなら、妊娠による黄体ホルモンの影響がむくみとして表れているのかもしれません。

妊娠中のむくみは、特に妊娠後期に酷くなっていくものです。体を冷やさないようにしたり、体内の水分を排出するための食事を心掛けたり、さまざまな対策を試してみましょう。

妊娠時のむくみのお悩みには、こちらのむくみ対策記事をチェックしてみてください!

 

つわり・吐き気

一般的につわり(吐き気)は、妊娠して6週くらいから症状が現れるようになることが多いです。

この場合の吐き気は、妊娠中期には解消されることがほとんどなので、それまでの間は無理をしてストレスをためるよりは、食べられるものを食べながら過ごしていくようにしましょう。

この症状も、自分で勝手に薬を飲んではいけません。必ず、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

肌トラブル・口内炎

妊娠をすると同時に、口内炎やニキビ・湿疹などといった肌トラブルを抱えるということもあります。

ホルモンバランスの乱れだけでなく、食べ物の好みやストレス、睡眠時間などが、肌や口内への影響となって現れるのです。中には、歯磨きですら吐き気が辛くてできず、口内環境が悪化してしまうという側面もあるようです。

ただし、妊娠とは関係なくても、肌トラブルや口内トラブルはさまざまな要因で起こりうることなので、この症状だけで妊娠を判断するのは早計かもしれません。

ひとつの要素として、観察するようにしましょう。

 

生理が来ない

妊娠すると、毎月の生理が来なくなります。

生理の遅れには、生理不順の可能性もあり得ますので、慎重に様子を見ながら検査をしてみましょう。

ただし、妊娠検査薬が使用できる前のタイミングで行う検査は、「フライング検査」と言われて正確な結果が出ない場合があります。

生理の予定日数えて、何週間も生理が来ないという場合は、妊娠の可能性や女性特有の病気である可能性もあり得ます。

病院を早めに受診しておくようにしましょう!

 

頭痛・腰痛・恥骨痛・背中痛

腹部の痛み以外にも、頭痛や腰痛、恥骨痛や背中痛などの症状を感じる人もいます。

頭痛については、ホルモンバランスの影響といわれています。この痛みを何とかしたいという場合でも、自己判断で頭痛薬などの薬を飲むことはやめましょう。かかりつけの医師に相談をすると、状況に応じて妊婦でも服用が可能な薬を処方してもらえるでしょう。

腰や恥骨・背中の痛みは、股関節や恥骨などの腰回りから足の付け根付近に感じられ、これは体が出産の準備を始めたということでもあります。

女性は妊娠すると、胎児の成長とともに体重も増加し、体のバランスを取る重心の位置が変わるなどすることから、腰痛が続いてしまうこともあるようです。

腰痛はひどくなると慢性化してしまいます。体に無理をさせないことが大切ですね!

 

動悸・息切れ

特に激しい運動をしたわけでもないのに、いきなり動悸や理由の分からない息切れなどがあることがあります。

これは、赤ちゃんの成長とともに、母体の肺や横隔膜を圧迫してしまうことや、胎児と母体とどちらもが酸素を欲しているためなのです。肺などの圧迫については、出産まで解消されないため、人によっては妊娠している間はずっと続いてしまうことも。

 

食欲の変化・好みの変化

妊娠をすると、途端に食べ物の好みが変わった、という話を聞いたことがある方も多いことでしょう。

今までに大好きだったものが急に口にできなくなったり、今までさほど好きでもなかった食材をやたら大量に食べたくなったり。

また、途端に食欲が旺盛になり、食べ続けてしまうということもあります。これらはつわりの一種で、妊娠をきっかけに起きた体の変化で起きる場合が多いです。

そして「〇〇の匂いがダメになった」といった、香りの好みも変わることがあります。今まで気にも留めていなかった香りであっても、突然受け付けなくなってしまうということが起きるので、本当に人間の体というのは不思議ですね。

 

妊娠初期症状セルフチェックリスト

ここまでご紹介してきた、妊娠の可能性を知らせてくれる初期症状を、一覧でまとめてみましょう。

  • 腹痛や下腹部痛、お腹の張りなどがある
  • おりものの色や量などに変化がある
  • 寒気や鼻水、のどの痛みなど風邪のような症状が続いている
  • 少量の不正出血がある
  • 倦怠感や強い眠気、また不眠などに悩んでいる
  • 胸の張りや違和感がある
  • イライラなど、情緒不安定になることが増えてきた
  • 胃痛や胸やけなど、胃のあたりがムカムカする
  • 便秘や下痢、頻尿などに悩んでいる
  • めまいや失神、貧血の症状が出ている
  • むくみがひどくなってきた
  • ちょっとしたことで吐き気(つわり)をもよおす
  • ニキビや湿疹、口内炎などの肌トラブルが増えてきた
  • 生理が来ない、遅れている
  • 頭、腰、恥骨、背中などの一部に痛みがある
  • 何をしたわけでもないのに、動悸や息切れをしていることがある
  • 食欲が増減したり、味覚の変化が著しい

このような症状に心当たりがあったら、妊娠の可能性を疑って、妊娠検査薬や病院検査を行ってみるようにしましょう。

 

初期症状は現れないこともある!

ここまで挙げてきた、さまざまな妊娠初期症状と考えられるもの。

それには個人差が激しく、人によってどのような現れ方をするか、またその程度についてもいろいろなケースがあるものです。

初期症状と呼ばれる現象については、「なにも感じることなくその時期を越えてしまった」という人もいるようです。

妊娠を待ち望んでいる人の中には、非常に慎重に初期症状を観察している方もいることでしょうから、そのような場合はなかなか気が付きにくいですよね。

初期症状は人それぞれ、ということは、あまりその有無に一喜一憂しすぎないことも大切です。

たとえ初期症状やつわりなどがなかったとしても、胎児の成長に問題があるわけではありませんから、安心してください。

このような場合に重要な判断材料は、やはり生理が来るか来ないかでしょう。

初期症状については判断の参考程度に考えておき、「もしかするとこんな症状が起こるのかもしれない」と知っておくだけでも、気が付きやすさが違います。

 

妊娠の判断は難しい

ここまでご説明してきた通り、妊娠の自己判断は、とても難しいのです。

初期症状と言ってもその影響力や程度もそれぞれですから、「いつもの自分と違うかどうか」にも着目しながら、注意深く体調を観察してみると良いでしょう。

「いつもの生理よりも出血が少ない?」「いつもよりも胸の張りが強いかも」「下腹部がいつもと違ってチクチク痛いな」

比較対象が他人ではなく自分なので、その違いを実感しやすいかもしれません。

 

気になったら早めに妊娠検査薬や病院検査を

私たちは体調が悪い時、風邪を引けば風邪薬を飲もうとしますし、どこかに痛みや不調があったらそれの対策をしようと考えるものです。

しかし、その症状がもし妊娠によるものであったら、薬の服用はご法度ですよね。

違和感を感じるようなことがあったら、妊娠検査薬や病院に行って「妊娠しているかどうか」を確認するようにしましょう。

妊娠を早めに気付けることができれば、それに応じて激しい運動やお酒を控えたり、薬を使わずに対策を考えたりと、赤ちゃんを育む正しい準備が叶います。

少しでも気になる症状や状態が見受けられた時は、まずは手軽に妊娠検査薬を試してみたり、産婦人科を受診して正式な検査を依頼したりして、できるだけ早く赤ちゃんの存在に気が付いてあげましょう!

妊娠検査薬が使えるのは、製品によって微妙な違いがあるようですが、一般的に月経一週間後から使用可能な商品が多いです。それ以前のフライング検査には、早期妊娠検査薬が使用されますが、まだ明確だとは言えない場合があります。

妊娠検査薬を試して「陽性」と出たら、妊娠の可能性が高いということで、改めて早めに産婦人科に足を運ぶようにしてください。

妊娠検査薬についての知識を学ぶなら、こちらの記事をどうぞ!

 

妊娠初期に心掛けるべきことは?

もし、妊娠が分かったら……そこから心掛けていくべきことはたくさんあります。

お母さんが健康でいることはもちろん、赤ちゃんのために良くないと言われているものを避け、葉酸などの必要な栄養素を十分摂取しながら過ごすなど、お腹の中の赤ちゃんと約40週を健やかに歩まなくてはいけません

妊娠の発覚は、母親としての始まりの合図でもあるのかもしれません。

また、妊娠初期症状などは、我慢し過ぎないことも大切です。

痛みがあれば、痛みの治まる姿勢を心掛けたり、眠気がひどい時は十分な睡眠時間や休養を取ったり。ストレスは、お母さんだけでなく赤ちゃんにとっても良くないものです。

自分の体をしっかりと見つめながら、赤ちゃんを守ってあげましょう。

葉酸を効果的に摂取する為の知識を学ぼう!

 

いかがでしたでしょうか?

妊娠の初期症状って、本当にさまざまなので驚きますよね。

今回の記事で、いろんなパターンがあるのだと知っておいていただければ、いざその時が来て判断をする上で少しでも役立つかもしれません。

セルフチェックリストなどを活用しながら、赤ちゃんが来てくれたことのサインを、あなたが早く掴むことができるように願っています!