妊活女性必見のミトコンドリアの効果とは?話題のサプリメント6選

今、女性に話題の「ミトコンドリア」の正体は?

皆さんは、「ミトコンドリア」というものを聞いたことがありますか?

たしか、学校で習ったことがあった気がする……と記憶している方も多いのではないでしょうか。しかし、それが具体的に何であるかや、どんな効果をもたらすものなのかというところは、なかなか説明できないかもしれません。

この正体について知れば、誰もがそれを積極的に「増やしていきたい!」と願うはずです。

今回の記事では、今注目が集まっている「ミトコンドリア」についてご紹介していこうと思います。

その効果や役割はもちろん、それを「増やす」方法から、話題のミトコンドリアサプリのご紹介までをギュッと詰め込みました!

 

「エネルギーの源」ミトコンドリアの知られざる効果と役割!

 

ミトコンドリアとは、動植物や菌類に至るまで、ほぼすべての生き物の細胞の中に含まれている「細胞小器官」と呼ばれる構造物のひとつです。

学校の生物の教科書などに、カプセルのような豆のような形をした写真や図を、見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。たったひとつの細胞の中にも、こんな形のミトコンドリアが数百から数千もの数含まれています。

このミトコンドリアが、細胞の中で一体何をしているのか……?

実は、すべての生き物が生きていくために欠かすことのできない、もっとも重要な働きである「エネルギーの生産」をしてくれているのです!

この小器官は、細胞の中で呼吸をすることによって、生き物に必要なエネルギーを生み出しています。

私たちが体に取り込んだ酸素や、食事から得た栄養素は、血液を使って体中の細胞に運ばれていきます。そしてそこで待っているミトコンドリアが、それらを糖・脂肪を燃やすための燃料として使っている……という仕組みが成り立っているわけですね。

こうして生み出されるのは、「ATP(アデノシン三リン酸)」と「代謝水」という二つの大切な物質です。

このうちの「代謝水」については、「ATP」を生産する過程で生まれてくる水分のことで、基礎代謝が向上するにしたがってこの代謝水も多くなり、体のあらゆる部分の潤いをもたらす効果があります。

そしてさらに重要なのが、ミトコンドリアが生み出してくれた「ATP」というエネルギー。これを使って、私たちは体温や体の機能を保ち、運動をして生きているのです。

最近の研究では、このミトコンドリアという細胞の小器官が、私たちの健康と老化に密接な関わりを持っているということが分かってきました。

  • 最近、疲れやすくなった
  • なんだか気力や集中力が出ない
  • 肌荒れが目立つようになってきた
  • うつのような状態が続いている
  • 動悸・息切れが激しくなってきた

こんな体の変化は、ミトコンドリアの減少が大きく影響しているかもしれません!

 

若返り・老化防止

ミトコンドリアと「老化」の関係性は非常に重要で、人間が年を重ねるに従って、実はこのミトコンドリアの量が次第に減っていっているのだそうです。

また、ミトコンドリア自体にも質の良いものと悪いものがあり、年を取ったり生活習慣の質が下がると、その中の「質の悪い」ミトコンドリアが体内に増えていってしまいます。

ミトコンドリアの生み出したエネルギーは、まず一番に体温調節や運動機能といった生命維持活動に使われていきます。

ですから、十分な量が足りなかったり質が落ちてしまっていると、老化防止機能や長寿のための役割にまで、エネルギーを回せなくなってしまうわけです。そのために、ミトコンドリアの不足が、私たちの体のあらゆる場所の「老化」へとつながり、そのスピードを速めていくと言われています。

その逆に、ミトコンドリアが体内に増えて、しかもその中の「質の良い」ものが増加すれば、作られるエネルギーの量がぐっと増え、若さを保つためにもしっかりと働いてくれるようになります。

 

病気にならない体になる

ミトコンドリアの不足は、体の老化だけではなく、ガンなどといった病気にもつながっています。

体には、元々悪くなった部分を治す「自然治癒」の力が備わっています。しかし、その働きをするためにはエネルギーが必要で、これもミトコンドリアが生み出しているものを使っているのですから、その重要性が分かるはず。

ミトコンドリアが十分に体にあれば、私たちは自分の体の中から、病気やけがを治していくことができるのです!

また、近年注目されているのは、認知症の原因のひとつもミトコンドリアのエネルギー低下によるものと考えられる、という点。このような、人間が避けて通りたいさまざまな病を、ミトコンドリアが防いでくれるというわけです。

 

ダイエット

女性に注目されている理由のひとつに、ミトコンドリアのこの効果があります!

ミトコンドリアがエネルギーを生み出すのに使っているのは、酸素の他、糖や脂肪です。それを聞いて、すぐにお分かりいただけるのではないでしょうか?

健康的に痩せたいと願うすべての人が減らしていきたいものこそ、余分な糖や脂肪ですよね。

元気で質の良いミトコンドリアが増えれば増えるほど、この「餌」のような役割になる糖も脂肪もたくさん必要となり、必然的にたくさん消費されるようになっていきます。

それだけでなく、体にミトコンドリアが作ってくれたエネルギーもあふれていきますから、ますます健康な状態になり、まさにいいことずくめのダイエットが叶うということになるでしょう!

 

妊活

ミトコンドリアの持つ老化防止機能は、自身の体そのものだけではありません。体で作られている、「卵子」や「精子」の老化防止にも役立つのです。

そして、それだけではありません。卵子や精子の質まで向上させる効果もあることから、より妊娠しやすい環境を作ってくれるという、妊娠を望む夫婦にとって非常に大切な役割を担ってくれます。

卵子と精子の中にいるミトコンドリアが元気であれば、受精しやすく、妊娠の確率が上がります。そのため、妊活中の女性や不妊治療中の方にも注目が集まっているのが、このミトコンドリアなのですね。

なお、妊娠中でもこのミトコンドリアを増やす努力は、無理のない範囲でぜひ続けるべきとされています。

ミトコンドリアの数が減り、その働きが弱まってしまうと、ストレスや疲労をきっかけに発生してしまう「活性酸素」が生まれやすくなってしまうということが分かっているからです。

活性酸素」はよく「体のサビ」と表現されていますが、体の代謝能力や免疫力を弱め、妊娠の大敵である冷えを促してしまうなどさまざまな悪影響があるのです。

元気な赤ちゃんを産むためにも、母体健康維持を目的に、ぜひこのミトコンドリアを増やしていきましょう。

 

ミトコンドリアを増やす方法

それでは、このさまざまな素晴らしい効果を持った「ミトコンドリア」を、実際に増やしていくにはどのようにしていけばよいのでしょうか?

その方法を、いくつかピックアップしてお伝えしていきます。

 

短くても少しきついと感じる程度の有酸素運動と無酸素運動

  

ミトコンドリアの活性化を促すには、一番効果的なのがやはり運動です。

水泳・ウォーキング・ジョギング・自転車など、心肺機能を高めてくれる「有酸素運動」と、筋力トレーニング・短距離走・ウエイトリフティングなど、基礎代謝と筋肉を高めてくれる「無酸素運動」を、バランスよく繰り返すことが望ましいとされています。

この組み合わせで行う「ミトコンドリア」に焦点を当てたダイエット法が「ミトコンドリアダイエット」と呼ばれて話題にもなっています。

一見すると、有酸素運動と無酸素運動をどちらもしなくてはいけないなんて……とハードルが高いようにも感じられるかもしれませんが、実はごく短時間でも効果があるといううれしいダイエットなんです!

有酸素運動を30秒、無酸素運動を30秒続けて行い、これを1セットと数えます。

この1セットを毎日3セット行ってみてください。時間にすると、わずか1日3分

自分の得意な有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行えば、なんとか続けられそうな気がしませんか?

 

意識して背筋を伸ばす

「背筋を伸ばす」と聞いて、「え? たったそれだけ?」と思った方も多いはず。

でも、なかなか運動はハードルが高い……とあきらめかけていた方でも、これならできそう、と思えるのではないでしょうか?

立っているとき、座っているとき、どちらの場合でも、自身の背筋を意識してピンと伸ばしてみてください。それだけでも、効果的なんです。

できればきちんと1分以上「意識したまま」正しい姿勢を保ち、背筋太ももの筋肉にいるミトコンドリアにしっかりとアプローチしていきましょう。姿勢を保つための主要な筋肉には、多くのミトコンドリアがありますからね。

 

プチ断食

ミトコンドリアが増えるタイミングは、細胞が「エネルギーが足りない!」と感じた時です。その習性を利用した効果的な食事法のひとつに、「プチ断食」があります。

これは、たとえば1週間に1回だけ食事を1食抜くなど、「空腹の時間」を意識的に作ってあげることでミトコンドリアの活性化を促すという方法です。もしくは、一週間の間で1~2日程度、通常よりも3割程度だけ摂取カロリーを減らすという形でもよいでしょう。

よく、プチ断食をしたという人は、体調がよくなったと答える人が多いです。それも、ミトコンドリアに効果的なアプローチができたという証明のひとつなのかもしれません。

ただしこの方法の注意点は、断食後の食事は、急激に増量したり急いで食べたりしないように気をつけなくてはなりません。空腹後の食事は吸収率が高いですし、早食いは活性酸素を増やしてしまう原因ともなります。

食事にはできるだけ30分以上かけて、ゆっくりと少しずつ食べることを心掛けてみてください。

 

片足立ちの運動

これも、大変手軽に取り入れることができそうな方法のひとつです。

なぜこれがミトコンドリア活性化に効果的かと言えば、通常は両足で立って自身の体重を支えている私たちが、片足立ちをすることで、その負荷が2倍になるからです。それを両足まんべんなく行えば、手軽に足の大きな筋肉へ負荷をかけてあげることができます。

ミトコンドリアは、特に大きくて重要な筋肉に多く存在しています。足には筋肉が多いですから、より効率よくミトコンドリアに働きかけることが叶うというわけです。

 

サウナ後の水風呂や寒中稽古・水泳など

ミトコンドリアがどんな時に増えるかという条件ですが、そのひとつが「体に寒さを感じた時」です。

ですから、サウナ後に入る水風呂はちょうど良い刺激になると言えます。

また、季節が冬であれば、寒中水泳や武道などの寒稽古も、寒い中で体を動かすことになるので効果的です。子供たちが部活などで行う冬の朝練などは、ちょうどよいミトコンドリアの刺激になっているかもしれません。

ただしこれらの方法は、その他の内容と比較すると、普通の日常生活の中ではいささかハードルが高いかもしれませんね。誰もがしょっちゅうサウナに行けるというわけでもありませんし、寒中水泳や寒稽古などに至っては、下手をして逆に体調を崩してしまっては元も子もないので、注意しましょう。

 

サプリメントの服用

さて、たとえ日常が忙しいという方であっても、できる限り楽に手軽に……ということであれば、やはりサプリメントの活用が一手です!

しかも、サプリによって、「弱っているミトコンドリアにエネルギーを与えて、元気にしてくれる」ものもあれば、「ミトコンドリアの働きを高める以前に、その数が減少してしまっているものを増やしていく」ものもあります。

錠剤タイプからカプセルタイプのものまで、さまざまな種類が存在しています。

自身の口に合うかどうかや、ライフスタイルに取り入れやすいサプリメントを使って補えば、より効果的に良質なミトコンドリアをたくさん増やしていくことができそうです!

 

ミトコンドリアサプリを徹底比較!

それでは、ここからは実際に販売されている「ミトコンドリアサプリ」について、その特徴や含まれている主成分などをご紹介していきましょう!

さまざまな選択肢を知っていただき、ぜひじっくりと比較検討していただければと思います。

 

ミトコア(シンゲンメディカル株式会社)

シンゲンメディカル株式会社が開発した『ミトコア』は、妊活カップル向けのサプリメントです。

不妊の原因のひとつとなっている、卵子や精子の老化を予防し、男性と女性どちらも体の中から「妊娠させやすい」「妊娠しやすい」体質へと変えていきます。

  • イースタティックミネラル/高精製・高規格で体にも安心のイオン化ミネラル。男女の生殖機能を向上させる。
  • ジオスゲニン配糖体/山芋から抽出される健康成分。男性ホルモン・女性ホルモンの乱れを正常に整える。
  • アグリコン型イソフラボン/マメ科の食品に含まれるイソフラボンの中でも吸収率が高い。体内で女性ホルモンと同じような働きをする。
  • オリーブ葉抽出物/このサプリの主成分である「イースタティックミネラル」の働きをサポートする成分。

卵子と精子の中のミトコンドリアを活性化してくれる、上記の有効成分をバランスよく含んでいることが特徴です。

★妊活向け
★錠剤タイプ
★1日あたり3~9粒が目安

 

ミトコンサプリP3(ジャパンコスメ株式会社)

ジャパンコスメ株式会社の製品『ミトコンサプリP3』は、女性向けのサプリメントで、ダイエットや体調不良の改善・疲労回復などを幅広くサポートするための商品です。

3種類の粒が1つの袋に入っていて、ミトコンドリア活性化のための3大栄養素を、1袋3粒でまとめて摂取することが可能な総合サプリメントです。

  • ミトコンドリアを鍛える成分の粒/アリイン・ジンゲロール・グリチルリチン
  • ミトコンドリアを減らさない成分の粒/ヘスベラトロール(スーパーポリフェノール)
  • ミトコンドリアに栄養を与える成分の粒/DHA&EPA・ヘスぺリジン・ケルセチン(ビタミンP)

上記のように、ミトコンドリアに働きかける効果ごとに分けられた錠剤を服用することで、複合的にその活性化を促します。

★女性向け総合サプリ
★錠剤タイプ
★1日あたり1袋(3粒)
★1週間分~お試しが可能

 

ミトコプラス(ゲンナイ製薬株式会社)

ゲンナイ製薬株式会社の『ミトコプラス』は、加齢によって低下しつつある妊活の成功率を上げるためのサプリメント。

独自成分であり特許出願中の「ミネラルCB-1®」という主成分は、卵子・精子へのエネルギー供給、そして老化の原因となる活性酸素を取り除き、ミトコンドリアを活性化してくれる働きがあります。

精子の運動量の増加と、卵子を受精しやすい状態へ導くために活躍してくれるでしょう。

  • ヴィネアトロール®/フランス製の高品質ポリフェノール。強い抗酸化作用がで、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える働きがある。
  • リコマット®/世界No.1のリコピンシェアである高品質・高濃度リコピン。エネルギー生産を阻害する成分に対する影響力を持つ。
  • カネカQH™/国産の成分である「還元型コエンザイムQ10」。体の疲労感を軽減するのに役立つ。
  • L-カルニチン/肝臓や腎臓で作られる成分で、胎内でも作られるものの、加齢とともに生産量が減少してしまう貴重な成分。
  • ヘスペリジン/愛媛産みかん粉末。冷えに負けない体を作るポリフェノールの一種。
  • 総キサントフィル/赤いパプリカから摂れる成分で、赤血球に分布しやすく、年齢に負けない力がある。
  • カプサンチン/これも赤いパプリカから抽出の成分。悪玉コレステロールと戦い、体の環境を整える効果がある。
  • DHA&EPA/新鮮な魚に含まれる。中性脂肪の分解を活性化してくれる。

上記9つの成分を配合したサプリメントです。

★妊活向け
★錠剤タイプ
★1日あたり2粒が目安
★まず1ヶ月のお試しが可能
★定期コースの回数縛りなし

 

TTC-3(日本安惠株式会社)

日本安惠株式会社による『TTC-3』は、妊活中・妊娠中に必要な栄養素を、総合的に補うことを目的としたサプリメントです。

ミトコンドリアに働きかける数多くの有効成分を含み、さらに葉酸やマカ・鉄分・カルシウムまで、妊活中に不可欠な成分が1粒の中に凝縮されていることが話題になっています。

女性用と男性用で成分に違いがあります。

【女性用】原材料:植物発酵エキス、乳酸カルシウム、マカ濃縮エキス、L−カルニチン、ビタミンC、複合ミネラル(亜鉛含有)、ゼラチン、コエンザイムQ10、西洋タンポポエキス、ブドウ種子抽出物、馬プラセンタエキス、フィッシュコラーゲン、大豆胚芽抽出物、αリポ酸、トマトリコピン、ヘム鉄、ビタミンE、B1、B2、B6、葉酸、ビタミンB12

【男性用】原材料:原料名:植物発酵エキス、マカ濃縮エキス、冬虫夏草濃縮エキス、亜鉛酵母末、L-アルギニン、ゼラチン、ビタミンC、牡蠣エキス、複合ミネラル(亜鉛、セレン、クロム、マンガン含有)、無臭ニンニクエキス、ブドウ種子エキス、コエンザイムQ10、トマトリコピン、ヘム鉄、ビタミンE、B1、B2、B6、B12

★妊活向け
★カプセルタイプ
★1日あたり4粒が目安
★男性用と女性用が別

 

ミトコリン(ジャパンベストヘルス株式会社)

ジャパンベストヘルス株式会社の『ミトコリン』は、妊活向けのサプリメントで、「ペア活」という夫婦の妊活をサポートしてくれます。

卵子と精子の中にあるミトコンドリアに対して、加齢による質の低下を防ぐことに着目しています。

  • デキストリン/ジャガイモやトウモロコシから抽出するでんぷんの一種。食物繊維が脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする。整腸効果もあり。
  • 黄杞葉エキス/クルミ科の植物でお茶などに用いられている。抗酸化作用、抗炎症作用、美肌効果も含まれる。
  • ブラックジンジャーエキス/タイなどで1000年以上も前からお茶やお酒で飲まれている。中性脂肪の分解促進、抗酸化作用、血中コレステロール低下、血流改善、抗炎症作用などがある。
  • ヒハツエキス/コショウ科の植物で、東南アジアでスパイスとして使用されてきた。血行促進、脂肪燃焼の効果がある。
  • マンゴージンジャーエキス/マンゴーのような香りのショウガ科の野菜。脂肪蓄積抑制作用、脂肪分解促進作用がある。
  • 環状オリゴ糖/ジャガイモやトウモロコシのでんぷんから作る。動物性脂肪の排出、血糖値の上昇を緩やかにするなどの効果が含まれる。

日本国内で製造していて、上記のような有効成分によってミトコンドリア活性化を促し、脂肪燃焼効果の他にも、代謝アップやアンチエイジング効果が期待できます。

★妊活向け
★カプセルタイプ
★1日あたり1袋(2粒)
★男女共用可能

ミトコリンについて、詳しい口コミ評価などの情報はこちらの記事でチェック!

 

ベビウェル(株式会社グレイン)

株式会社グレイン開発の『ベビウェル』は、夫婦で服用を推奨している「ペア活」サプリメントです。

臭いも味もなく、飲みやすいのが特徴で、ミトコンドリア活性化の2大妊活成分と呼ばれている栄養素を中心にプラスαで、合計5つの成分を配合しています。

  • オリゴ乳酸(LAC)/独自の特許原料であり、胎内の環境を整える働きをサポートしてくれる。
  • オレアビータ/オリーブの葉から抽出した活性成分。ミトコンドリアを刺激し、エネルギー生産を増加させる効果がある。
  • 馬プラセンタ/豊富な必須アミノ酸が6種含まれる、希少価値が高い栄養の宝庫とも言える成分。
  • マカ/アブラナ科の植物マカは、アミノ酸に加えてビタミンB群、鉄分、カルシウム、ミネラルなどを豊富に含む。
  • 葉酸/妊活において欠かせない栄養素で、厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を使用している。

上記の有効成分が、元気な卵子と精子を生み出す力となって、妊活を応援してくれます。

★妊活向け
★錠剤タイプ
★1日あたり3粒
★男女共用可能

 

サプリメントを組み合わせて、効果的にミトコンドリアを増やそう!

いかがでしたでしょうか?

ミトコンドリアサプリは、その大半が「妊活」に向けて作られていましたね。

もちろん、自力だけでミトコンドリアが十分に活性化できて、増やせればよいのでしょうが、忙しい現代人にとってはなかなか上手くいかないものです。

自分自身でもできる範囲の運動食生活を続けながら、サプリメントを組み合わせて無理なくミトコンドリアにアプローチしていく……。そんな方法が現実的かもしれません。

サプリメントは、含まれる有効成分も非常にさまざまでしたし、それぞれの方にとって気になる栄養素を補えるもの、また飲みやすく続けていけるであろうものを選択するべきです。

その選択をするにあたって、この記事がわずかでも参考になればうれしく思います!